この製品は販売終了しました。(OS-2740 が後継となります)
  ONO SOKKI Co.,LTD

販売終了OS-2740 が後継となります)

HOME > 製品紹介 > ソフトウェア > WS-5160
 音質評価ソフトウェア WS-5160

パソコンとサウンドボードの組み合せで
音質評価を実現!!

騒音計 製品紹介
DS-2000 製品紹介
「音質評価とは」(技術レポート)
製品カタログ (PDF)
音響・振動技術相談

データ画面(音質評価データ 4画面)

WS-5160音質評価ソフトウェアは、心理音響学に基づく音質評価量の算出するWindows95/98/2000/NT/ME/XP用ソフトウェアです。録音・再生、編集の機能に加え、音質評価を一つのソフトウェアで簡単に実現可能です。

特長

  • ラウドネス、シャープネス、ラフネス、変動強度の4つのパラメータを計算することで、人の感性による評価(感覚量)を数値化できます。

  • コンピュータのハードディスクに直接録音することが出来るため、特別な録音機器は必要有りません。

  • 音色シミュレーション機能により、収録音を加工できるため、騒音対策などの効果を数値で見ることが出来ます。
    (*音色シミュレーション機能はWS-5150と同一です)

  • データ入出力部として当社DS-2000シリーズマルチチャンネルデータステーションやオーディオボードを利用できるため予算に合わせたシステム構築が可能です。

構成図

 

仕様

<分析機能>

音質評価量 ラウドネス/シャープネス/ラフネス/変動強度
物理量分析 FFT/IFFT/ヒルベルト変換/周波数応答関数/ウェーブレット/回転次数比分析
表示 スペクトル/カラーマップ/タイムトレンド/リスト表示

 

<編集機能>

時間軸 部分削除・切取・コピー・貼付け/振幅レベル増加減 テーパー処理/ファイルの合成/リサンプリング
周波数軸 指定周波数範囲のレベル増加減(狭帯域、1/3 オクターブバンド) フィルタレベルの直線補間/定型フィルタ(A/B/C特性)
WAVEファイル作成機能 サイン波、矩形、三角、鋸、AM/FM変調、サインスイープ、ランダムノイズ

 

<録音・再生>

録音チャンネル モノラル(1 ch)/ステレオ(2 ch)切替可能
録音サンプリング周期 11.025/22.05/32/44.1/48 kHz (音質評価は 48kHz のみ対応)
録音時間 最大 300 秒
再生 指定範囲/繰返し再生

 

<推奨パソコン仕様>

CPU Pentium III もしくは同等以上の性能を有するクロック周波数 1 GHz 以上のCPU
RAM容量 RAM 256 MB以上
ハードディスク容量 4 GB 以上
適応OS Windows 98/ME/2000/NT/XP

※NTの場合は NT 4.0 SP5 以降

その他 PCIバススロット(デスクトップの場合ハーフサイズ以上)
(注:DS-2000シリーズ゙と組合せてご使用の場合は制限が増えますので注意下さい。)

 

<入出力>

入出力 DS-2000シリーズ データステーション、または、推奨サウンドボード "Card Deluxe"(ディジタル・オーディオ・ラボ製)
読込可能ファイル形式 ウェーブ(*.wav)、CF・DSシリーズバイナリ(*.dat),DSシリーズタイムレコーディング(*.rcd)、 DS-2000シリーズレコードファイル(*.orf)

(注:推奨サウンドボードを使用する場合、ハーフサイズに対応したPCIスロットが必要になります。)

 

<周辺機器(別売)>

  • 計測用マイクロホン&プリアンプ
  • マイクアンプ
  • モニタ用スピーカー
  • ヘッドホン

 

<価格>

(税込
(パソコン、DS-2000データステーション、サウンドボード、および周辺機器は含まれません)

*Windows® 2000,Windows® XP, Microsoft® Excel は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
*Pentium®は米国Intel Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。

Revised: 2006/09/19


● 記載事項は変更になる場合がございます。
● 価格情報は皆様の便宜のために参考用として記載された日本国内価格です。

ご購入をご検討いただく場合には最寄りの弊社営業所或いは弊社代理店にご確認下さい。

戻る
お客様相談室 0120-38841  9:00-12:00 13:00-18:00 (土日、祝祭日除く) ご質問・お問い合わせ(フィードバックフォーム)