2 channel

製品写真(DG-2310)

DG-2310は、当社製リニアゲージセンサ(BS/GSシリーズ)と組合わせて使用することにより、寸法や変位を測定・表示する2ch多機能ゲージカウンタです。

2chの信号間の和・差演算機能(A+B、A−B)をはじめ、最大値・最小値・レンジ等の各種演算処理機能を装備、またコンパレータ機能を使用しての合否判定・警報指令等が可能です。さらに、豊富な外部出力により、シーケンサや、パソコン、レコーダ等に接続出来ますので、測定データの記録・管理も容易に行えます。

特長

  • 2ch入力(HSシリーズセンサは不適合)

  • 最大値、最小値、レンジ機能付

  • 2ch 和・差演算機能、コンパレータ機能内蔵

  • 豊富な外部出力機能を搭載 - アナログ出力、コンパレータ出力、BCD出力、RS-232C出力

  • DIN 144×72 mm の小型サイズ

システム構成例

部品の段差測定 (段差測定=A-B )

イラスト(システム構成例:GS-7710ゲージセンサ+DG-2310+シーケンサ、レコーダ、パソコン、プリンタ)

仕様

表示方式

メイン表示部:極性(-) & 数字赤色LED6桁
サブ表示部:LCD 16文字×2ライン
コンパレータ出力表示:UPPER(赤)、GOOD(緑)、LOWER(赤)

適合センサ

GS/BSシリーズリニアゲージセンサ (HSシリーズセンサは不適合)

入力信号

90°位相差信号(方形波)
DC ~ 100 kHz

外部制御入力信号

入力信号の形式:電圧入力、無電圧接点入力
入力信号の種類:リセット、ピークホールド、ホールド、キープロテクト

BCD 入出力信号

出力信号(BCD、極性、判定、エラー):オープンコレクタ(耐電圧: MAX 30 V)
入力信号(リセット、ホールド): 電圧入力 (Hi +4 ~ +5.25 V、Lo 0 ~ +1 V)

アナログ出力信号

0 ~ ±10 V/F.S(F.Sは任意設定可)、変換方式:12bit D/A方式、更新時間:10 ms 以内

RS-232C通信

ボーレート::2400/4800/9600 bps

コンパレータ出力信号

設定範囲: 0 ~ ±999999、出力項目:LOWER/GOOD/UPPER
出力形式:半導体リレー(各1メイク接点)
出力容量:最大接点容量 DC 30 V 0.1 A 、更新時間 10 ms 以内
演算機能 A+B、A−B、A、B
ピークホールド機能 最大値(MAX)、最小値(MIN)、最大値-最小値(RANGE)
オフセット機能 設定範囲:0 ~ ±999999
分解能切替機能 0.5 μm、1 μm、10 μm

使用温度範囲

0 ~+40℃

電源

AC 100 ~ 240 V(50/60 Hz)

外形寸法

144 (W)×72 (H)×180 (D) mm

質量

約 1.3 ㎏

付属品 電源ケーブル、変換アダプタ、パネル取付金具、スタンド足、端子台ソケット、単位シール
価格

(税込

オプション

・AX-5022 RS-232Cケーブル(2 m)
・AA-8107 BCDケーブル(3 m)

 

最終更新日:2017/08/22



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針