次へ 戻る


モータ、減速機など回転機器の全数検査を支える
ノイズテスティングソフトウェア GN-1100 Ver.2.5


 省エネルギー性能に優れた電気自動車(xEV)の開発が世界的に加速しており、駆動用の大型モータ、種々の小型モータ、減速機などのギアボックス、 それらを組み合わせたe-Axleなどの主要部品の高性能化・高効率化への要求がますます高まっています。

 GN-1100 Ver.2.5では、これまでトランスミッションの生産現場でノイズ・振動の異常診断の全数検査で培ってきた多彩な計測・解析、 高速信号処理、自動判定の技術を生かし、この度、モータや減速機など回転機器の異常検査の要求に応える機能と性能を強化しました。
ねじり振動解析、周波数特性波形の解析、特定周期音検出、応力トラッキング解析の外乱除去、1/3オクターブ判定を機能強化し、 更に生産ライン現場の意見を取り込んだユーザビリティの改善で実用面での生産性向上に貢献します。

 

 

GN-0220 ねじり振動演算機能(新オプション)

基準軸とする回転速度(パルス)信号と、比較対象の軸端からの回転速度信号から、回転速度差を演算し、軸ねじり量を出力する機能です。 回転方向に高負荷・高トルクが加わる部品またはユニットは、その負荷によって、軸の破損や異音などの異常を引き起こすことがありますが、本機能を用いることで、 ねじり量を評価、部品の耐久性や異常有無の検証を行うためのデータを得ることができます。

GN-0230 エンベロープ解析機能(新オプション)

計測した振動や音圧の時間軸波形に対し、エンベロープ(包絡線)処理を施し、その波形のピークの大きさ/位相(周期)/周期ごとの比を監視することで、特定の周期で発生する異常を抽出することができる機能です。
ギアの打痕やベアリングキズなどの有無の確認に有効です。本機能は一定回転速度時の計測だけでなく、加速/減速時の計測中にも使用できます。

GN-1100 ノイズテスティングソフトウェア(バージョンアップ)

● ワークの個体差やセンサ取付ミスによる計測ミスの対策用に、解析波形に沿った上下限閾値の設定機能を追加
● 判定結果付きCSVファイルを出力する機能を追加

GN-0210 応力トラッキング解析機能(バージョンアップ)

● ノイズの影響を受けやすい歪ゲージ信号のノイズカット機能としてエンベロープフィルタを追加
● 平均極大/極小値の算出に1ブロック内の計測データ全点を採用する設定を追加

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




 

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針