音圧校正信号を用いて、校正する方法

音圧校正信号を用いて、校正する方法(Oscope側でデータインポート後の校正)

1. メニューの「カスタム」→「信号校正」を選択します。

 

※ 事前に基準信号を計測したファイル、校正していないデータファイルを読み込みをしておきます。

2. 校正の内容を設定します。

 

 

・FFTで校正する:ON
・スケール:デジベル
・校正対象:オーバーオール
・単位:rms
・目標値:114(値は機種によって異なる)
・新しいチャンネルで出力:ON



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針