リニアゲージの測定力定義について

小野測器リニアゲージセンサの測定力定義はダイヤルゲージ JIS 規格(JIS B7503)を参考にしています。

 

JIS規格はこちらの日本工業標準調査会ホームページでPDFファイルとしての閲覧が可能です。データベース検索のJIS検索をクリックし、開いたページの指示に従って下さい。

 

JIS B7503での測定力定義は下記になります。

 

■性能

  • 最小測定力は 0.4 N とする。

  • スピンドルを鉛直、かつ、下方に置いた場合の最大測定力は、目量 0.01 mm で 1.5 N、目量 0.002 mm 及び目量 0.001 mm で 2 N を超えてはならない。

  • スピンドルの同一運動方向に対する測定力の最大値と最小値との差は、0.7 N を越えてはならない。

  • 測定範囲内の任意の位置において、スピンドルが入って行くときと出て行くときとの測定力の差は、目量 0.01 mm で 0.6 N、目量 0.002 mm 及び 0.001 mm で 0.9 Nを超えてはならない。

  •  

    ■測定方法

    スピンドルを鉛直、かつ下方に置いた姿勢でダイヤルゲージを保持し、スピンドルを上下各方向に連続的、かつ徐々に移動させ、 測定範囲の基点、中央及び終点の測定力を測定します。


    お問い合わせフィードバックフォーム

    お客様相談室




    Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針