温度による影響

当社ゲージセンサの精度は 20 ℃ の温度で定められています。

 

20℃ 以外の温度での精度は、温度が安定した時点でカウンタをリセットすることで、検出部分に使用しているガラススケールの温度による変化分のみを考えれば良くなります。

 

当社の検出用ガラススケールは、9 × 10−6/Kの線膨張係数をもっています。
ある温度下(A℃)では、20 ℃ を基準温度として、100 mm ストロークのセンサの場合、フルストロークで 9 × 10−6 × 100(mm)×(A − 20)mm の誤差が 20 ℃ での精度に加わります。
追加される誤差分は、50 mm ストロークさせた場合は上記の1/2、30 mm ストロークさせた場合は上記の 3/10 となります。 これは分解能には関係なく、ストローク量に依存する誤差です。

 

また、温度変化による 0 点の変化量は、ガラスの変化分(ガラスの全長に対する検出部の位置により異なります)、スピンドルの変化分、センサを保持している治具部分の変化分などが相互に影響するため、定量的には示せません。



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針