高分解能ゲージカウンタ DG-5100と高分解能ではないゲージセンサを組み合わせて使用できますか?

高分解能ゲージカウンタDG-5100には、小野測器の高分解能タイプではない遠隔表示タイプのゲージセンサを組み合わせることも可能です。ただし、以下の3つの設定が必要です。

 

 

(1) 接続変換ケーブル AA-8910(又は同仕様のケーブル)が必要です。
DG-5100のセンサ入力コネクタと、高分解能タイプではないゲージセンサの出力コネクタは形状が異なるため、変換ケーブルが必要です。

 

 

(2) DG-5100 の 入力信号形式 を変更する必要があります。
DG-5100 の 入力信号形式 は、工場出荷時には「ラインドライバ形式」になっています。
これを「電圧形式」に変更する必要があります。「電圧形式」に変更するには、 下記二つの作業が必要です。

 

1. DG-5100 底面の ビットスイッチ を変更してください。
DG-5100 側面に有るシールに従って、底面の ビットスイッチ をマイナスドライバーなどを使って変更してください。

DG-5100 DIP SW

 

2. DG-5100内部メニューで入力信号形式を変更してください。
DG-5100メニュー設定で、「MEASURE」内にある〈SENSOR TYPE〉を、「1:VOLTAGE」に変更してください。

センサタイプの選択

 

3. DG-5100の 表示分解能を、接続したゲージセンサに合ったものにしてください。
DG-5100は、初期状態では、表示分解能が「0.1μm」に設定されています。
DG-5100メニュー設定で、「MEASURE」内にある〈SENSOR〉を、使用するゲージセンサに合わせて選択してください。

センサ分解能設定



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針