DG-4280 BCD OUT 仕様

詳細は取扱説明書をご覧ください。

BCD信号をシーケンサーなどに取り込むには、ホールド信号で信号を保持するようにしてください。
外部機器との接続についてはDG-4240と同じですので DG4240 BCD 受信側推奨回路 を参照ください。

(1) BCD OUTコネクター、ケーブル

 

コネクタ の.bmp (35828 バイト)

 

・AA8107型BCD信号コード   3m     ¥12,000
    片側上記コネクター付き、片側オープン 長さ3m
   オプションとして用意しています。

・適合コネクタ型式
    レセプタクル :DX10A-36S (ヒロセ電機)
    適合プラグ   :DX40-36P   (ヒロセ電機)
    プラグカバー :DX36-CV1  (ヒロセ電機)

・適合ケーブル仕様
    導線サイズ ;AWG #30
    導体構成    ;7/0.1
    導線体外形 ;φ0.5
    ケーブルULスタイル;UL20276 および UL2789

 

(2) BCDコネクタピン番号と信号内容

 

ピン番号 信号内容 ピン番号 信号内容

1
2
3
4

1×100    BCD出力
2×100
4×100
8×100  

19
20
21
22

4×104
8×104
プリセット アウト 1
プリセット アウト 2

5

6

7

8

1×101
2×101
4×101
8×101

23

24

25

26

プリセット アウト 3
プリセット アウト 4
極性出力+
極性出力 -

9

10

11

12

1×102
2×102
4×102
8×102

27

28

29

30

D.P3小数点出力[10μm、0.00]
D.P4小数点出力[1μm、0.000]
N.C
エラー出力

13
14
15
16

1×103
2×103
4×103
8×103

31
32
33
34

ホールド出力
リセット入力
BUSY入力
NC

17
18

1×104
2×104

35
36

プリントコマンド出力
コモン

 

(3) 信号内容の説明

  • BCD出力   ピンNo.1~20
    正/負論理切替え  5桁パラレル出力
    オープンコレクター出力

下記<18>のビットスイッチ3の on で負論理、off で正論理にきりかえれます。
BCD出力、極性出力、小数点出力が正/負論理に切替えできます。

 

BIT SW設定.bmp (239224 バイト)

 

  • 判定出力
    ピンNo.21(プリセットアウト1出力)  
    ピンNo.22(プリセットアウト2出力)   
    ピンNo.23(プリセットアウト3出力)      
    ピンNo.24(プリセットアウト4出力)
    オープンコレクタ出力

設定極性=測定極性   かつ
|設定値|≦|測定値|で on になります。

 

  • 極性出力  ピンNo.25(+出力)、No.26( - 出力)
    オープンコレクター出力
  •   ビットスイッチ3をonにして、負論理を選択し場合は

- No.25(+出力) No.26(−出力)
測定値が正(+)の時 on(Lowレベル) off(Hiレベル)
測定値が負(−)の時 off(Hiレベル) on(Lowレベル)
リセット時 on(Lowレベル) off(Hiレベル)

  • ビットスイッチ3をoffにして、正論理を選択し場合は、上記No.25、26のon/offが逆になります。

 

(4) 小数点出力 

   ピンNo.27(D.P3、最小測定単位10μm選択時)
   ピンno.28(D.P4、最小測定単位1μm選択時)
  オープンコレクター出力

  • ビットスイッチ3をonにして、負論理を選択し場合は
    ビットスイッチ1をonにして1μmを選択した時:No.27:off(Hiレベル)、   No.28:on(Lowレベル)
    ビットスイッチ1をoffにして10μmを選択した時:No.27:off(Hiレベル)、   No.28:on(Lowレベル)
  • ビットスイッチ3をoffにして、正論理を選択し場合は、上記no.27、28のon/offが逆になります。

 

(5) エラー出力  ピンNo.30

オープンコレクター出力
本器計数回路でミスカウントが発生した場合、on信号が出力されます。リセットされるまでon信号は継続します。

 

(6) ホールド入力   ピンNo.31

Loレベルの電圧信号を入力すると、表示値及びBCD出力データがホールドされ、プリントコマンド信号が出力されます。この信号がLoレベルの間ホールド状態を継続します。しかし、ホールド状態の間も計数回路内部はゲージセンサーからの入力信号に応じて計数動作を行っていますので、ホールドを解除すると、表示値及びBCD出力データはその時点の測定値に変わります。

 

(7) リセット入力  ピンNo.32

Loレベルの電圧信号を入力すると、表示値とBCD出力データおよびエラー表示とエラー出力がリセットされます。この信号がLoレベルの間、リセット状態は継続されます。

 

(8) BUSY入力  ピンNo.33

<6>ホールド入力と同じ状態です。プリンター等外部機器のタイミング用に利用します。

 

(9) プリントコマンド出力  ピンNo.35

オープンコレクター出力
ホールド信号またはBUSY信号が入力されて、表示値及びBCD出力がホールド状態になると、負パルスのプリントコマンド信号が出力されます。



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針