FV-1300 の精度(分解能)は

・ FV変換の大体の分解能は下表になります。

 

入力周波数 目安の分解能
10 kHz 5 Hz
1000 Hz 0.05 Hz
100 Hz 0.007 Hz

 

・ 1500 Hz の例で説明します。

 

周期計測のクロックは20 MHzです。入力周波数に対するカウント値は;

20000000 ÷(入力周波数)=カウント値

1500Hzでは    20000000 ÷ 1500=13333.33   

カウント値は整数なので分解能としては、13333 か 13334 のどちらかになります。このカウント値を周波数に逆算すると;

 

     20000000÷13333=1500.0375
     20000000÷13334=1499.925

この差は    1500.0375−1499.925=0.1125 Hz

よって 1500 Hz付近ではおよそ0.12 Hzの分解能があると言えます。ここで注意することがあります。1500 Hzの測定に 0.0375 Hzの誤差を生じてしまう点です。水晶発振器の精度を加味すると0.12 Hzプラスαの精度になります。

 

・ 偏差出力の場合

偏差出力の場合も分解能は同じですが1分解能当たりの出力電圧は大きく取れます。

 

・ 低周波数の精度

カウント値の逆数を16ビットのDA変換器で電圧に変換して出力しています。
カウント値が16ビットがフルになる周波数は 305.1 Hzです。
305.1 Hz以下の低周波数では16ビット以上になりますので、2進カウンターの下桁をカットして、上位16桁分で計算します。
よってこの場合の精度は;


   精度=入力周波数÷215 

 

になります。

 

・ カタログ記載の精度

 電圧出力  0.1 %  FS
 電流出力  0.7 %  FS

精度は 20 kHzの時が最悪になりますので、この時の分解能+アナログ回路精度を記載しています。

入力周波数 max50 kHz に改造可能です。この場合も分解能は同様な考えになります。

 



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針