入力結合の AC と DC の違いは、またどのように使い分けるか?

FFTアナライザは、通常のオシロスコープと同じように入力結合として AC結合と DC結合の2つを選択することができます。DC結合は入力信号をそのまま通過させ、AC結合は直流成分をカットして通過させます。その後入力アッテネータと増幅器に入力されます。


2つの結合の主な用途は以下です。

 

[AC結合]

  • DC成分を含んだ信号の交流成分を精度よく測定したい時

  • 交流成分だけのオーバオール値(実効値)を測定したい時

  • 通常の音響振動計測

  • CCLDセンサを使用する時

 

[DC結合]

  • DC(直流)成分を含めて測定したい時

  • 低周波(1 Hz 以下)の交流成分を精度よく測定したいとき

 

 

 

 



お問い合わせフィードバックフォーム
お客様相談室

 

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針