周波数レンジとサンプリング周波数との関係は?

DFT(FFT)の原理上サンプリング周波数 fs の 1/2 までの周波数帯域のスペクトル情報を得ることができますが、実際の FFTアナライザでは、エイリアシングの誤差を低減するために、1/2 よりもより小さい帯域(fs の 1/2.56)を実際の分析レンジとしています。これを周波数レンジ frange と呼びます。

すなわち;

 

(1)

 

の関係となります。2.56 としているのは、FFT の計算ポイント数が2のべき乗となっている故、周波数レンジを切りのよい 10 進数値とするためです。

 

小野測器の FFTアナライザは、通常は周波数レンジを先に決定しますので、(1)式から逆に、サンプリング周波数を知ることができます。例えば、周波数レンジが 20 kHz のときは、51.2 kHz のサンプリング周波数となります。

 



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針