SAVEしたデータにラベル(Label)を付ける機能がありますが、ファイルの保存を行った時、このラベルはどうなりますか?

CF-7200にはSAVEしたデータにラベル(Label)を付ける機能があります。このデータに付けたラベルは、PCに取り込んだ時に、そのままファイル名にアレンジされます。

■ ラベルの仕様

次の入力制限があります:

ラベルが付けられるのはデータセーブ後

前もって各ブロックにラベル付けられない

ラベルに使用できるのは20文字

 

■ 操作

CF-7200のメニュー画面から[MAIN]→[MEMORY]→[DATA]→[LIST]を選び、「Data Memory List」画面を表示させます。

 

ラベルを付けたいデータを選び、「Data Memory List」画面右上の「...」ボタンをクリックして画面キーボードを呼びだします。

 

 

画面キーボードを使用してラベルを入力します。ラベルの文字数は半角で最大20文字です。入力が完了したら「OK」ボタンをクリックして確定します。確定すると、「Data Memory List」画面上の「Label」部に入力したラベルが入ります。

 

 

ラベルを付けたデータ(と同時セーブされるデータ全て)の前部に入力したラベル名がついたファイルが出来ます。


お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針