レコードデータに対してもトリガ機能を使うことが出来ますか?

レコードデータに対してもトリガ機能を使うことが出来ます。ただし、トリガソースは、CH1 か CH2 になります。また、レコードデータの記録時間は、解析時の1フレームの時間長の3倍以上記録する必要があります。短いとトリガがかかりません。

 

例えば、周波数レンジ 100 Hz で サンプル点数 2048 点の場合は;

 

1フレームは、2048 ÷(100 ×2.56)=8 s となり、3倍とすると 8×3 で、少なくとも 24秒のレコードデータ記録時間が必要となります。


お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針