30種類程度の製品をシェープコンパレータで判定したい。
30個の判定ラインを外部 (PLC) から指定して判定ラインを変更させることができるか?

できます。

 

RS-232C 通信でコマンドを送ることによって、SDカードやUSBメモリに保存されている判定用ファイルを読み込ませることができます。

判定用ファイルは手動でも読み込みできる形式で作っておきます。
(画面データのテキスト保存と同じ形式です)

 

コマンド  CSLファイル名   ファイル名はフルパス名です。 

SDカードやUSBメモリの判定用ファイルを指定して読み出し、シェイプデータとして登録する。

SDカードの場合は、ドライブ名は Z 、
USBメモリの場合は、ドライブ名は F です。

SDカード CSLZ:¥level001.txt
USBメモリ CSLF:¥level001.txt

フルパス名は英語半角です。 (”¥” こちらでは表示のため全角で記載しています)

 

判定ラインのデータファイル作成

CF-4700 本体で測定条件を設定し、解析したデータをテキスト形式(.txt)で保存します。 

本体の測定条件とファイルに記録した測定条件が異なると、読み込みできません。 

このファイルのY軸値の文字を判定値に変更します。(エクセルが便利です。)

変更したファイルをSDカードやUSBメモリに保存しておきます。

ModelNo0254.txt
ModelNo3252.txt
ModelNo4221.txt
|
ModelNo01354.txt
ModelNo07813.txt

 

判定種類分のファイルを用意しておく。

 
CMS  コンパレートOFF
SAN1 編集用シェイプコンパレータメモリアクティブ番号を1に設定する
CSLZ:¥ModelNo4221.txt ファイル読み込み
CMT   コンパレート ON

 

         

  

        

 

 


お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針