次へ 戻る


周期的に変動する音や振動の大きさも判定可能なライン判定機
FFTコンパレータ CF-4700



CF-4700 FFTコンパレータは、製品の音や振動による精密な品質検査に最適なライン判定機です。当社が長年培ってきたFFTによる周波数解析技術を搭載することで、問題となる特徴的な周波数成分を抽出し、良否判定を行います。


 現行機種であるCF-4500にある周波数成分の大きさや波形の形状での判定機能に加えて、周期的に変動する音や振動の変動量を抽出して、その変動量で判定することができる変動成分抽出機能を搭載しました。この機能では音や振動の周波数レベルではなく周期的に変動する、その変動量による判定機能です。例えばモータを用いた機器が稼働する際に発生する「ギー」といった濁り音や「カタカタ」といったビビリ音などでの合否判定ができます。さらに変動成分抽出機能に含まれているバンドパスフィルタとエンベロープ機能を用いたベアリングの振動監視や、モニタ機能(ヘッドホン出力)による振動の可聴化による聴感的な確認も行えます。


 またこれから周波数スペクトルによる判定を始めようとしているユーザに対して、簡単な操作で判定範囲を設定することができる判定アシスト機能も新たに搭載しました。合否それぞれの計測データファイルから音や振動のレベル差を読み取り、判定ブロックを設定するので、初めて周波数スペクトルで合否判定を行おうとしているお客様でも、簡便にブロックを設定することができるようになっています。

 


 

【特長】4つのコンパレート機能で製品の良否を判定

 

  • 判定エリアを設定して特徴的な周波数信号のレベルから合否判定するブロックコンパレータ機能
  • 波形の形状から合否判定するシェイプコンパレータ機能(オプション)
  • 回転速度を変化させて特定次数のレベル変化から合否判定するトラッキング機能(オプション)
  • うなりやビビリなどの周期的な変動に起因する音や振動の変動量を抽出して合否判定する変動成分抽出機能(オプション)
  • 良品/不良品の周波数特性の違いから判定ブロックの設定を行う判定アシスト機能
  • 単位校正を自動で行えるTEDSセンサ対応(Ver.0.9、Ver.1.0の加速度センサ、マイクロホンに対応)
  • 電源バックアップによる電源ダウン時の計測データの消失防止(オプション)

 


関連情報



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針