次へ 戻る


性能向上(検出距離、応答速度が従来機種の2倍) 可視光採用により使いやすくなりました

LG-9200 光電式回転検出器



 

 

 

  • 検出距離:最大 40 mm

  • 応答速度:40 m/s

  • 位置合わせが簡単
    (可視光 及び 動作表示灯付き)

  • 0 r/min 至近から検出可能

  • 投光部、受光部、増幅部が一体構造

  • 防滴コネクタが標準装備

 

光電式回転検出器は、回転体に反射マークを貼り付け検出器から光を放ち、戻ってくる光を受光し回転速度を計測するセンサです。回転体に非接触で計測するため、対象物に負荷がかからず、加工も不要です。

小野測器の光電式回転検出器は、ディジタル回転計(TM-3100シリーズ)と組合せて工場生産ラインにてファン、モータなどの回転計測に多数使用されております。

今回、従来機種 LG-916 の設計変更を行い、性能向上、光源の変更、CEマーキング適合を行いました。 最大検出距離を20 mmから40 mmへ、応答速度を20 m/sから40 m/sへ性能アップし、光源を赤外光から可視光へ変更しました。
光軸調整が簡単になり、設置作業時間の短縮につながります。

 

 

 

関連情報


お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針