次へ 戻る


業界最小・最軽量クラスを実現
超小型・超軽量 3軸加速度センサ NP-3550


 この度、従来比体積1/4、質量1/5の超小型・超軽量を実現した3軸加速度センサを新しくラインアップ致します。加速度センサは、自動車、家電、産業機器をはじめとした「ものづくり」において、性能評価を目的とした振動試験で最もよく用いられます。

 近年のものづくりでは、開発期間の短縮とコスト削減のため、シミュレーションを活用する MBD (Model Based Development) によって、開発初期に課題を抽出し、試作回数を削減する開発プロセスが推進されています。シミュレーションの最適化には使用する供試体モデルの精度向上が課題であり、正確な実測データが必要となるため、極力質量が小さく、且つ多点で計測できるセンサが求められます。

 NP-3550 は、大きさ 6.35 ㎜角、質量 約 1 g という業界最小・最軽量クラスを実現しました。特に、従来品より質量を約 1/5 に抑えたことで、マスローディング(質量負荷)による共振周波数のシフトを低減することができます。

 2021年12月にリリースした高感度で微小な振動が計測できる NP-3564N10 と、超小型・超軽量の NP-3550 をラインアップする事で、当社は精密装置の制振性向上や、MBD に計測技術で貢献します。


NP-3550

超小型 3軸加速度センサ NP-3550


特長

従来品に比べ体積は約 1/4、質量は約1/5。マスローディング(質量負荷)の影響を低減。

 

ケーブルとセンサが脱着可能。断線時はケーブルのみ取り換え可能。

 

業界標準で汎用性のある感度 1 mV/(m/s2)

 

CEマーキングを取得

 

 

計測アプリケーション例

実稼働解析、実験モード解析などの同時多点計測

 

小型モーターなど小型、軽量化された製品の性能評価試験

 

製品概要

仕様: 質量 1.0 g
  寸法 6.35 mm(H) × 6.35 mm(L) × 6.35 mm(W)
  感度 1.02 mV/(m/s2)
  周波数範囲(±5%) 2 ~ 5,000 Hz(X)、2 ~ 8,000 Hz(Y,Z)

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




 

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針