次へ 戻る


アイセーフレーザを使用して高応答・高精度に速度差を検出
2ch検出、差動演算の可能な新型レーザ面内速度計 LV-7200


 この度、アイセーフレーザを使用したレーザ面内速度計では世界初となる、センサ2台の速度差を出力するレーザ面内速度計 LV-7200 を開発しました。レーザ光を当てるだけで、非接触で回転体の回転速度、走行する伝動ベルトの速度、フィルムの搬送速度ムラなどを測定できます。

 対象物を加工することなく、機械システムの任意の2点間の速度差を 3000ppm(0.3 %) の精度で出力。この出力はリチウムイオン電池や高機能フィルムの生産設備の速度制御に利用でき、加工過程のロス削減に貢献します。 応答周波数は 20 kHz と非常に高く、より高速で高効率を求められるモーターの制御評価、挙動検出を可能にします。

 これら、エネルギーロス、マテリアルロス削減のニーズに応える計測技術で、持続可能な社会づくりに貢献します。


小型高剛性トルク検出器

レーザ面内速度センサ LV-7002 と レーザ面内速度計本体 LV-7200


レーザ面内速度計 LV-7200 特長

1.5 μm 帯のレーザ光を使用した2台のセンサを接続することで、滑りによるセンサ間の速度差を直接測定することができます

従来機より4倍高い 20 kHz の応答周波数で、微小な速度変化を瞬時に検出します

検出速度のアナログ出力精度は ±0.3 %、高い精度で解析や制御に利用できます

アイセーフレーザ採用により、特別な保護設備や保護メガネが不要で安全に使用できます

 

 

LV-7200 主な仕様

 

センサ入力 :最大2 台
検出速度範囲 :0 ~ ±1,800 m/min(高速オプション付センサ時:0 ~ ±3,600 m/min)
追従加速度 :800 m/s2(高速オプション付センサ時:1,600 m/s2
速度出力電圧 :±10 V(20 Vp-p)
応答周波数 :5 kHz(WideBandモード:20 kHz)
直線性 :最大 ±0.3 %(F.S.)
DCオフセット :最大 ±0.3 %(F.S.)
表示器 :液晶ディスプレイ 7桁+極性(1桁)1~3段表示
レーザ出力 :10 mW 未満(波長:1.5 μm)
レーザ安全クラス :クラス2
入力電圧 :AC 100 ~ 240 V
使用温度範囲 :0~40 ℃
質量 :約4 kg

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




 

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針