戻る 戻る


速度・加速度検出能力を2倍に拡張するオプションを発売

レーザ面内速度計 LV-7000シリーズ




LV-0730/LV-0731

LV-0730 センサ用高速モジュールを装着した LV-7002 と LV-0731コントローラ用高速モジュールを装着した LV-7100


レーザ面内速度計 LV-7000シリーズ はレーザ光を使った非接触式の速度計で、回転軸の回転速度・回転速度ムラ・回転共振、走行する伝動ベルトやフィルムの速度・速度ムラ、距離を非接触・無負荷で検出する事ができます。

 

今回発売の センサ用高速モジュール(LV-0730)とコントローラ用高速モジュール(LV-0731)はレーザ面内速度センサ(LV-7002)とレーザ面内速度コントローラ(LV-7100)の検出速度と検出加速度を2倍に拡大します。検出可能な速度上限を 1800 m/min から 3600 m/minに、加速度上限を 800 m/s2から1600 m/s2 に拡張します。200 km/h 以上のタイヤ速度や高加速度を伴う回転共振時の速度検出を可能にします。

 

 

特長

お手持ちのレーザ面内速度計(LV-7002 / LV-7100)に装着し性能拡張が可能です。

検出速度と加速度の検出範囲を2倍に拡張できます。

速度検出範囲:1800 m/min → 3600 m/min
加速度検出上限:800 m/s2 → 1600 m/s2

      

 

 

 

用途例

コンプレッサやフライホイールといった回転体の速度ムラ・回転共振検出。

タイヤ、ホイールの速度・速度ムラ、回転共振検出。

化学繊維の紡糸速度、速度ムラ、距離検出。

 

 

 

 

 


お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針