製品写真(MD シリーズ微小容量トルク検出器)

MD シリーズトルク検出器は、小型精密モータから各種メカニズムへの出力トルクを、高精度、高分解能で検出します。


当社の位相差方式の検出により、最小単位 0.001 mN・m の微小トルク測定を実現しました(MD- 501C  使用時)。


また MD シリーズは、微小トルク測定装置用 MT シリーズに内蔵され、小型精密モータの性能試験装置としても多数の実績と信頼をえています。

特長

  • mN ・m のトルクを高精度に測定

  • 測定本位の低イナーシャと低起動トルク

  • 幅広い回転速度範囲:静止状態(0 r/min )から高速回転まで 1 台で測定可能

  • 新型回転検出器に対応 (MD-0110 シリーズオプション)


概略仕様

型 式 トルク容量 最小分解能 回転速度範囲 調整可能範囲 慣性モーメント ねじり剛性

mN・m mN・m r/min r/min kgm2 N・m/rad
MD- 201C 2 0.001 0 ~ 10,000 0 ~ 10,000 1.9 X 10-7 8.24 × 10-2
MD- 501C 5 0.001 0 ~ 10,000 0 ~ 20,000 1.9 X 10-7 2.06 × 10-1
MD- 102C 10 0.01 0 ~ 10,000 0 ~ 20,000 1.9 X 10-7 4.12 × 10-1
MD- 202C 20 0.01 0.~ 10,000 0 ~ 20,000 1.9 X 10-7 8.24 × 10-1
1 mN・m = 10.19716 gfcm

※ 回転速度を調整可能範囲まで変更することができます(別途見積り)。

※ MD-502C、103C、203Cは、TH-3502(H)、3103(H)、3203(H)へ移行しました。
※ MD-503C、104C、204Cは、TH-3503(H)、3104(H)、3204(H)へ移行しました。

総合精度 ±0.2 %/フルスケール (TS-2800/3200A と組合せN-0補正時)
温度の影響 +0.03 %/フルスケール / ℃
適合回転検出器 MD-0110シリーズ (オプション)
使用温度範囲 0 ~+50 ℃
保存温度範囲 −20 ℃ ~+60 ℃
使用湿度 85 % 以下
耐振動 50 m/s2 以内
接続方法 ケーブル側コネクタ TRC116-12A10-7M10.5
電 源 AC 100 V 50/60 Hz、10 VA
付属品 電源ケーブル(2.4 m)、トルク信号ケーブル(5 m)
価 格 (税込 )より ≪詳細については別途お問い合わせください≫
オプション ・MD 型用回転検出器 MD-0110シリーズ(120 P/R)
・MX-8105 同上用ケーブル( (税込 ))
・MD-0004 回転方向外部切換( (税込 ))
<↑検出器付属モータの回転方向を外部で切換。配線のみ、切換のスイッチは含みません>

 

最終更新日:2016/12/26



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針