ONO SOKKI Co.,LTD

HOME > 製品紹介 > ソフトウェア > DS-0223
1/1・1/3 リアルタイムオクターブ解析 DS-0223 販売終了
DS-2000 製品紹介
製品カタログ (PDF)
音響・振動技術相談
こちらの DS-2000シリーズソフトウェア は販売を終了しています。
新DS-2000Aシリーズはこちらを クリック 新DS-2000Aシリーズ
 

データ画面(幹線道路の騒音測定データ例)

幹線道路の騒音測定データ例

青:等価騒音レベル(Laeq
緑:単発騒音暴露レベル(Lae

本ソフトウェアは、0.5 ~ 20 kHz の帯域で、2 ~ 32 チャンネルまで1/1、1/3 オクターブバンドをリアルタイムに分析します。解析チャンネル数毎に DS-0223V(2ch)、W(4~8ch)、X(10~32ch) を用意しています。フィルターはIEC、JIS、ANSIの規格に準拠しています。 計測時間を設定することにより、等価騒音レベルと単発騒音暴露レベルを同時に演算します。また、各バンド毎のレベル変動(時系列)を最大 2000点まで記憶することができ、そのデータより各バンド毎の時間率騒音レベルも演算することができます。動作環境は、 Windows 2000 / XP / VISTA に対応します。また本ソフトウェアをベースに、オプションソフトウェア1/6、1/12、1/24 リアルタイムオクターブ分析(DS-0224)、リアルタイムオクターブバンドによる回転−トラッキング解析(DS-0243)に拡張することも可能です。

※等価騒音レベルとはt時間分の総レベルをtで割った平均値、単発騒音暴露レベルとはt時間分のレベルを1秒分のレベルに換算した値になります。

   
   

<リアルタイムオクターブ解析とは>

騒音対策を行なう場合、周波数分析が必要ですが、古くから行われている騒音分析としてオクターブ分析があります。オクターブとは周波数の比が1:2つまり、2倍の周波数を意味します。人間の耳の音の感じ方は、周波数に対し等比的な特性をもっています。そこで、1kHzを基準にオクターブバンドの系列が規格化されており、規格に定められたバンドパスフィルターを通して各々の帯域毎の音圧レベルを求めます。1 kHz を基準にオクターブのバンドが 1/1 オクターブバンド、さらにそれを 1/3 づつ分割したものを 1/3 オクターブバンドといいます。

 
 

<データ例>

掘削機の騒音レベルトレンド(時刻歴レベル)データ例

データ画面(掘削機の騒音レベルトレンド(時刻歴レベル)データ例)

赤:All pass(総レベル)
青:2 kHz
緑:4 kHz
黄:8 kHz

 

レベルトレンドの3次元マップ例

データ画面(レベルトレンドの3次元マップ例)

 

幹線道路騒音の時間率騒音レベル(Lx)データ例

データ画面(幹線道路騒音の時間率騒音レベルデータ例)

各 1/3 オクターブバンドの L5 ~ L95、Lmax、Lmin、Lavg を2次元グラフで表示

※時間率騒音レベルとはt時間に占めるレベルの割合を示したものです。L50 とは中央値とよばれ、最大レベルから数えて真中の値になります

 

仕様

(1)入力部

チャンネル数 最大 32 チャンネル(同時処理)
入力インピーダンス 1 MΩ/約 120 pF
入力電圧範囲 10 dB 毎、6 ステップ
入力コネクタ BNC 電圧入力、 定電流対応 2 mA、4 mA
周波数ウェイティング A、B、C、FLAT(IEC 651 Type 0 適合)、アナログフィルタ
感度設定 チャンネル別に設定可能(校正機能)

 

(2)フィルタと検波部

演算方式 オールディジタル演算方式(ディジタルフィルタとディジタル RMS)
A/D 変換器 24 ビット、64 kHzサンプリング゙
ダイナミックレンジ 85 dB 以上
フィルタタイプ 6 次バタワース
適合規格(フィルタ形状) JIS C 1514-2002 Class 1
IEC 61260 Ed.1.0 (1995) Class 1
ANSI S1.11-2004 Class 1
周波数範囲 0.5 Hz ~ 20 kHz(1/3 OCT)
1.0 Hz ~ 16 kHz(1/1 OCT)
時定数 10 ms、35 ms、FAST(125 ms)、630 ms、SLOW(1 s)、8 s、IMPULSE

 

(3)計測部

計測諸量 バンド毎の音圧レベル
バンド合成の音圧レベル(OVERALL)
FLAT の音圧レベル(ALLPASS)
基本形測量 INST(瞬時値)、MAX(1 秒毎のバンド最大値)、MAX.H(計測区間内での最大値)、MIN.H(計測区間内での最小値)、P AVG(計測区間内でのバンドパワー平均値、Leq 相当)、P SUM(計測区間内でのバンドパワー合計値、LE 相当)
2 次処理 Lx(L1、L5、L10、L50、L90、L95、L99
差分機能(dB 数値の差、真数の差、(暗騒音補正))
レベルトレンド機能(任意のバンドのレベル変化グラフ、 メモリー後の 2 次処理)

 

(4)表示部

表示形式 バーグラフ表示(全バンド+ Allpass + Overall)
モニタ表示(時間トレンドモニター表示)
リスト表示(全バンド+ Allpass + Overall)
レベルトレンド表示(連続収録バンドデータより)
レベルトレンド三次元/二次元表示(カラー)

 

(5)記憶部

記憶容量 2000 ブロック/ch
INST データを連続記録(レベルトレンド機能)
記録間隔 1 ms ~ 10 s(可変)
表示データメモリー 最大 500 画面
表示データファイル 任意のフォルダに任意のファイル名で

 

(6)データの入出力機能

解析条件ファイル 任意測定条件ファイルの読み書き
データの印刷機能 プリンタドライバ設定による印刷機能
データのコピー機能 クリップボードにテキストかビットマップ形式で貼付け

 

(注):DS-0266 2ch 100kHz 帯域入力ユニットを使用した場合、20 kHz バンドのリアルタイムオクターブ解析(16 ch まで)となります。

 

リアルタイムオクターブ解析の適用例

 アプリケーション
  (1)自動車のキャビンの騒音特性
(2)音響製品の音圧特性
(3)コンプレッサーの騒音試験
(4)エアコンの室外機の騒音試験
(5)低周波音の解析
(6)環境騒音・振動の測定
(7)交通騒音の測定
(8)手持ち工具の振動測定


● 記載事項は変更になる場合がございます。
● 価格情報は皆様の便宜のために参考用として記載された日本国内価格です。

ご購入をご検討いただく場合には最寄りの弊社営業所或いは弊社代理店にご確認下さい。

 
戻る
お客様相談室 0120-38841  9:00-12:00 13:00-18:00 (土日、祝祭日除く) ご質問・お問い合わせ(フィードバックフォーム)