カップリングの選定

ロータリエンコーダを機器に接続する場合、剛的に結合すれば回転、角度とも正確な伝達が得られますが、軸芯の違いやスラスト方向の遊びなどがあった場合は、それらの取付誤差は、すべてベアリングの弾性変形で受けることになり、エンコーダの精度をそこねたり破損させたりすることになります。
剛的結合で長期にわたって安定して使用するには小型のエンコーダで芯違い7/1000 mm以内、普及型、大型では3/1000 mm以内におさえる必要があります。また、この場合スラスト方向の遊びは 0 が要求されます。

上記のような精密な芯出しが実際には不可能な場合は、軸芯の違いやスラスト方向の遊びをカップリングが受けるようにフレキシブルカップリングを使用しなければなりません。

フレキシブルカップリングはねじり剛性が高く、角度測定に向くものと一般的な回転測定に向くものとがあり、用途によって選定する必要があります。
また、フレキシブルカップリングを使用しても取り付け方によっては軸に許容荷重以上の荷重が動的、静的にかかる可能性もあり、できるだけ慎重な芯出し作業が望まれます。

推奨カップリング形状・重量

図1
ヘリカルカップリング
ARM075

10 g

図2
ヘリカルカップリング
DSR-150

82 g

図3
ラブフレックスカップリング
RF-100

1200g

図4
マイクロカップリング
M1A

300 g

推奨カップリングの性能比較(参考)

名称 ヘリカル
カップリング
ACRM050
ARM075
DSR100
ヘリカル
カップリング
DSR150
DSCR150
ラブフレックス
カップリング
RF-100 他
マイクロ
カップリング
M1A 他
三木プーリ(株)
 図1
三木プーリ(株)
 図2
東洋ゴム工業(株)
図3
大同精密工業(株)
図4
適用エンコーダ RP-432Z
SP-405ZA
RP-1700シリーズ
RP-2700シリーズ
用途 角度測定
回転測定
一般的な回転測定 正確を要する
角度測定
回転測定
特長 ・金属弾性利用
・ねじり剛性高くバックラッシュなし
・ゴム弾性利用衝撃の緩和
・振動の減衰作用有
・電気的に絶縁
・金属平板の弾性利用
・ねじり剛性大角度測定向
取り付け推奨値 回転速度:5000 r/min
変位:0.05 mm
偏差:0.03 mm
偏角:0.2゜
回転速度:5000 r/min
変位:0.07 mm
偏差:0.05 mm
偏角:0.5゜
回転速度:500 r/min
変位:0.15 mm
偏差:0.3 mm
偏角:0.3゜
回転速度: 5000 r/min
変位:0.3 mm
偏差:0.2 mm
偏角:0.3゜
着脱法 エンコーダ側、あるいは機械側に取付け、
一体として相手側に差し込む。
エンコーダ及び機械側にフランジを取り付け芯出し規定諸寸法に設定後、ゴムタイヤを取り付ける。
機器を移動させずに着脱可能。
エンコーダ側シャフトと機械側シャフトの芯出し後フランジ、板バネ、スペーサを入れ取り付ける。
備考   高速になると遠心力によるゴムの膨張でスラスト力が生じエンコーダを損傷する。
駆動側軸径 φ10~φ22 〔注〕
駆動側軸径 φ10~φ20 〔注〕
問い合わせ先 川崎市中原区今井南町461
Tel. 044-733-4371
豊島区高田2-17-22
Tel. 03-5955-1233
豊島区西池袋3-1-15 西池袋TSビル3階
Tel. 03-5956-9176

〔注〕最新の情報は各製造メーカにてご確認下さい。
〔注〕駆動軸側の孔加工はお客様にてご用意下さい。

最終更新日:2016/07/21



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針