FM-1500 流量表示器で
FP-215 流量検出器を使用する際の初期設定方法は?

FM-シリーズを初めて使用する場合は、FP-流量検出器の下記項目を必ず初期設定する必要があります。
また、FP-流量検出器を変更して使用する場合も、同様に設定が必要です。


FM-1500 流量表示器でFP-215 流量検出器を使用する際の初期設定方法

 

① 検出器、②ファクタ値、③エンコーダパルス を順に設定します。

 

<ご注意>

  • 標準仕様の設定方法です。特注仕様の場合は、設定が異なりますのでご注意下さい。
  • 工場出荷時からの設定方法です。
  • 瞬時流量(容積)を測定する設定です。その他の測定をするための設定は取扱説明書を参照下さい。

 

■ Setupモード(設定)では、本体のキーの下の青地に白抜き文字の表示がキーの機能となります。

 

 

<操作手順>

1. SETUP を押し、Setupモード(設定)にします。       → ソフトウェア設定フローはこちら

2.Sensor Select設定項目が表示されます。
*Sensor Select設定項目でない場合は、表示されるまで NEXTを押す
3. ENTERを押すと、設定されている項目が点滅します。

Sensor Select

>>使用される検出器を設定します

UP または DOWN を押し、

Sensor Select

(3) FP215 を選択

4. ENTER を押すと、流量検出器の設定が確定されます。

5. NEXT を押すと、Sensor Factor設定項目が表示されます。

6. ENTER を押すと、最上位の桁が点滅します。

Sensor Factor

 

>>検出器の銘板または検査成績書に記載されているファクタ値を設定します

 

UPまたはDOWN を押すと点滅している数値が増減します。

 

LEFTまたはRIGHTを押すと設定可能な点滅桁が移動します。

 

【ファクタ値4桁の場合】

Sensor Factor 4桁ファクタ値が4桁の場合は頭を0にします

 

7.ENTER を押すと、ファクタ値の設定が確定されます。

 

8.NEXT を押すと、Sensor Pulse 設定項目が表示されます。

Sensor Pulse

 

(2) 120(P/R)*10 が表示されている場合は、設定不要です。
11.Sensor Press設定を行ってください。

表示小数点桁数 0.0 ~ となります。
※ 桁数を1桁減らしたい場合は、以下赤破線内の設定をご覧ください。

 

(2) 120(P/R)*10 以外に設定されている場合は 

9.ENTER を押すと、設定されている項目が点滅します。

 

UP または DOWN を押し、

Sensor Pulse

 

(2) 120(P/R)*10 を選択

表示小数点桁数 0.0 ~ となります。

※ 桁数を1桁減らしたい場合は、(1)120(P/R) を選択してください。

【参考】

 

10.ENTER を押すと、エンコーダパルスの設定が確定されます。

 

11.NEXT を押すと、Sensor Press設定項目が表示されます。

 

12.ENTERを押すと、設定されている項目が点滅します。

Sensor Press

 

>>圧力センサは付いていないので圧力測定表示を OFF にします。

 

UP または DOWN を押し、

Sensor Press

 

(5) OFF を選択

13.ENTER を押すと、設定が確定されます。

 

14. を押し、Measure モード(測定)に戻ります。

 



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針