戻る



DS-0227フィールドバランシングソフトウェア不具合のお知らせ


2007年2月22日

 

平素は弊社商品をご愛用賜り誠にありがとうございます。
さて、この度お買い上げ頂きました弊社フィールドバランシングソフトウェアDS-0227で、操作手順によっては校正値が正しくデータに反映されないという不具合が発生することが判明致しました。この様な事態を引き起こしましたことは大変申し訳なく、お詫び申し上げると共に掛かる事態を再発させないことをお誓い申し上げる次第でございます。つきましては、DS-0227フィールドバランシングソフトウェアをお使いいただいているお客様にはソフトウェアバージョンをご確認いただき、対象となるバージョンのソフトウェアをお使いの場合は対策済み最新ソフトウェアをダウンロードの上、上書きインストールを実施して頂きますようお願い申し上げます。ご繁忙の折、誠に恐縮至極でございますがご理解とご協力を賜ります様お願い申し上げます。

 

■ 対象製品

DS-0227フィールドバランシングソフトウェアで、バージョン番号が Ver1.1.0.6以前の製品が対象となります(Ver1.1.0.7 から対策済みです)。

 

■ 現 象

校正ダイアログにおいて[V/EU]を選択して校正を実行した場合、アプリケーションが終了するまでは正しい校正値で計測できますが、一度アプリケーションを終了して再起動した場合には同じ校正値が[EU/V]で校正された値として作用します(校正値が逆数となります)。

 

■ 原 因

校正した時の状態([V/EU] または [EU/V])を示す設定値がアプリケーション起動時に読み込まれないため、校正値が常に[EU/V]で計算された値として使用されていたことが原因です( この設定値はアプリケーション終了時に自動保存されています)。

 

 

■ 操作上で不具合を回避する方法

アプリケーション起動時に一度校正ダイアログを開き、そのまま[OK]ボタンで閉じます。これにより、校正実行時の状態が再現されるので以後はアプリケーション終了時まで正しい計測データが得られます。

 

■ バージョンを確認する方法(図はWindows XPを使用した場合です)

アプリケーション起動時に「バランシングモードの条件設定」ダイアログが自動的に開き、バージョン番号が表示されます。このダイアログはメイン画面の「バランシングモード条件設定」ボタンでも開くことが出来ます。

 

 

■ 対 策

お使いのDS-0227フィールドバランシングソフトウェアがインストールされているパソコンに対策済み最新ソフトウェアをダウンロードし上書きインストールを実行してください。

 

下の「ソフトウェアバージョンアップ」ボタンを左クリックすると、 「ユーザ登録&ダウンロード」ページが表示されます。表示されたページ内の「DS-2000 マルチチャンネルデータステーション <ソフトウェア無償バージョンアップ 07年2月22日付け> 」から、初めてのお客様は[新規登録]を、既にご登録頂いているお客様は[パスワードログイン]をクリックの上、DS-2000 シリーズソフトウェアダウンロードページに進み、そのページより最新ソフトウェアをダウンロードしてください。なお、07年2月19日付けで本体用ソフトウェアとアプリケーションソフトウェアがバージョンアップされておりますので、お使いのDS-2000 シリーズ本体用ソフトウェアと組み込まれたアプリケーションソフトウェアの全てをアップデートされることをおすすめします。

 


お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針