NOx・PM削減も、燃費向上も、振動騒音の低減も コモンレールの噴射状態を可視化し、環境負荷低減したエンジン開発を実現します

ハイポイドギア伝達誤差測定装置

FJ-8000 シリーズは、コモンレールシステムでの噴射量、噴射率、噴射時期、噴射期間を実車環境に近い噴射環境で計測することができる、多段噴射対応噴射量計測システムです。

さらなる噴射精度向上をはかり、完全燃焼に近づけることで、PMの発生やNOxの発生を抑え、燃費の向上、振動・騒音の低減が可能になります。

特長

  • 高精度な多段噴射量測定(読取値の ±0.25 %)*高精度版使用時
  • 噴射量・噴射率の同時計測を最大15段まで計測
  • ディジタルフィルタによる歪みのない噴射率波形出力(FJ-0600 使用時)
  • 検出原理の異なる FJ-030/0600 の同時使用が可能
  • 広い測定範囲(0 ~ 400 mm3/str)
  • 噴射毎の連続測定(1 ~ 50 Hz〔60 ~ 3000 r/min〕)
  • 最大 8 台の検出器を接続可能
  • 連続 50,000 サイクル分のデータメモリー

噴射量検出部

噴射量検出部

高速サンプリングによる高精度な噴射タイミング解析

高速サンプリング(インジェクタ駆動信号:1 MHz 圧力信号200 kHz)により、次噴射までの インターバル、噴射開始/ 終了遅れ時間等の噴射タイミングを高精度に解析。

高速サンプリングデータ

リアルタイムデータ表示

画面データ(バーグラフ表示)

1.バーグラフ

各気筒、噴射段ごとの噴射量をバーグラフ表示


画面データ(噴射率モニタ)

2.噴射率モニタ

噴射率、圧力、1ch分の外部からの入力信号(噴射指令等)を同時に表示。保存したデータとの重ね書きにも対応。


画面データ(トレンドグラフ)

3.トレンドグラフ

最大8種類、3000 cycleのデータをトレンド形式で表示。

4.デュアルモニタ

トレンドグラフとバーグラフを同時表示。

5.数値モニタ

各気筒ごとの噴射量、噴射期間、検出器内温度などを数値で表示。


データ解析

● TQ-Q 線図( 噴射指令値- 噴射量線図)

横軸が噴射指令、縦軸が噴射量の線図で噴射指令に対する噴射量の変化を表示。

TQ-Q 線図( 噴射指令値- 噴射量線図)


● 噴射率グラフ

各気筒の圧力波形、噴射率波形、1ch 分の任意の波形を 1 cycle ごとに表示。

噴射率グラフ


● T-Q 線図( 横軸:サイクル 縦軸:噴射量)

サイクルによる各気筒ごとの噴射量の変動 を表示。


● N-Q 線図( 横軸:回転速度 縦軸:噴射量)

ポンプ回転速度による各気筒ごとの噴射量 の変化を表示。


● ヒストグラム

設定した噴射回数ごとの噴射量分布を表示。


● 統計データ

噴射量、噴射期間、検出器内温度等の平均値、標準偏差、最大/ 最小値等を表示。


● データリスト

1 cycleごとの噴射量、噴射期間、検出器内温度等のデータを表形式で一覧表示。



システム構成図