フローチャート方式で複雑な試験を簡単に自動化し、試験効率を向上させます

exflowerイメージ

自動車開発の現場では、試験が複雑化する一方で開発の効率化が求められています。
ExFlowerは、フローチャート方式で複雑化する試験を効率よく行うためのベンチ試験サポートアプリケーションです。
いままで人の判断でしか行えなかった試験工程を自動化することができ、現場作業の軽減やヒューマンエラー防止に貢献し、簡単に効率的な試験を行うことができます。

特長

ExFlower
ExFlower
ExFlower
ExFlower
  • さまざまな試験の自動化を簡単にかつ柔軟にカスタマイズできるフローチャート方式を採用
  • SubFlow Editor(試験計画) とMainFlow Editor(試験実行)、2つの独立したアプリケーションで構成で作業分担を明確化
  • 割り込みフローによる異常時の一時中断処理が可能
  • デバック機能により本試験前に作成したフローの確認が可能
  • さまざまな外部機器と連携した自動運転が可能
  • 複数の運転指示を一括で指示、指示の同期性を向上
  • 検索機能やデバッグ機能の充実、検証作業の効率化
  • ライブラリ機能を充実
Ver2.7 新機能

アプリケーション 画面例

(マウスオーバー クリックで拡大画像表示)

Sub Flow画面
Main Flow画面

新機能

Ver.2.7 新機能

1. 複数ステップ指示

この機能により指示のリアルタイム性が向上して過渡的な試験指示ができ、ドラビリ試験や変速ショック試験の自動化が可能となります

従来

従来はExFlowerより都度指示を出す方式のみ
PCのアプリ稼働状況や通信状況によって指示に遅れが出る場合があり、過渡的に時間にシビアな指示運転ができない

複数ステップ

複数のステップ指示を一度にまとめて出す方式を追加
まとめて指示を出すことで、従来より時間に正確な指示をすることが可能です

 

2. 変数検索機能やデバッグ機能を充実

作成したフローで取り扱っている変数の検索機能や動作確認を行うデバッグ機能を改善。
操作性が向上しフローの変更作業や動作確認がしやすくなりました。

変数検索機能の改善

作成したフローで検索した変数の有無や場所の表示をわかりやすくしました。

変数検索機能の改善

デバッグ機能の改善

デバッグ動作時間を可変になるようにし、デバッグ動作時間が短縮できます。

デバッグ機能の改善

 

3. ライブラリ機能を充実

ライブラリ機能に新たなタイプを追加し、一度作成した試験フローの再利用や他ベンチへの展開がさらにやりやすくなりました。
また、IronPythonライブラリの組込み*もでき、アプリケーションの枠を超えた連携や操作の自動化などができるようになりました。

新ライブラリパーツ

作成したライブラリフローを読み込むことで、様々なベンチ試験に共通して活用することができます。

新ライブラリパーツ

IronPythonライブラリとの連携

IronPythonライブラリの組込み*で、Waveファイルの再生など自由度の高い外部コントロールが可能です。

*動作確認済みライブラリ:wave、winsound、subprocess、os