この製品は販売終了しました。後継製品はありません
  ONO SOKKI Co.,LTD

販売終了 (後継機はありません) HOME > 製品情報 > 生産・販売終了 > 高速応答エンジン排ガス濃度計測装置
高速応答エンジン排ガス濃度計測装置

サンプリング式 TDLAS

 
 

製品写真(高速応答エンジン排ガス濃度計測装置)(販売終了)

高速・高精度の波長可変半導体レーザ吸収分光法(TDLAS)によるガス濃度計測の特長を生かし、高速且つ、任意ポイントのガス濃度計測が可能なサンプリング式 TDLAS により、局所ガス濃度の計測が実現できます。装置はオールインワンの筐体に収納され簡単に移動できます。

製品写真(検出部:ガスサンプリングユニット)

※ TDLAS:Tunable Diode Laser Absorption Spectroscopy

(本計測装置は三菱重工業株式会社殿と共同開発した製品です。)

 

特長

  • レーザ吸収分光法(TDLAS)の採用により高速・高精度計測を実現

  • サンプリング式の採用により任意ポイントのガス濃度計測が可能

  • サンプリング流量2段切換(高速/低速選択可)

  • 計測器本体と計測セル等を一体収納したオールイン ワンタイプ

 

構成

イラスト(構成図)

 

計測事例

 ● エンジン始動時からのNHの濃度を視える化!

「TDLAS 方式」および従来の「FTIR 方式」でエンジン始動時からの NH3 を計測した事例です。TDLAS 方式では管内での現象をダイレクトに捉えています。一方、FTIR 方式では導管・フィルタ等での吸着・脱着により、過渡現象が捉えられないことがあります。TDLAS ではより現実に近い現象を捉えることができ、NH3 噴霧量等の微調整が確実にできることになります。

 

データ(エンジン始動時からのNH3計測)

 

 

 ● 尿素SCRでのNH噴霧時の濃度分布を視える化!

「TDLAS(サンプリング式)」で尿素 SCR の噴霧分布の計測方法の事例です。尿素 SCR の触媒部分に多数のサンプリングポイントを設けて、計測しています。投入 NH3 の分布をより均一化することにより、NOX の浄化効率を格段にアップさせることが出来る上に、NH3 のスリップ量も低減でき、結果として触媒コストの低減に繋がります。この事例では計測セルのみがサンプリング式となっているものであり、計測装置本体は直接計測と同等で、より実現象に近い計測値を取得できるメリットがあります。

 

イメージデータ(尿素SCRの噴霧分布計測)
(上図はイメージ図であり実測データではありません)

 

イラスト(計測セル)

 

 ● テールエンドでのリッチスパイク時のアンモニアスリップを視える化!

「TDLAS 方式」および「FTIR 方式」でテールエンドでの NH3 のスリップを計測した事例です。リッチスパイク時に避けて通れない NH3 スリップに関し、TDLAS 方式では実現象を捉えていますが、FTIR 方式ではデータ変動がなく現象を捉えられていません。従来の FTIR 方式では出ていないはずの NH3 ですが、NH3 の臭い等があるような場合、TDLAS 方式で計測することにより対策を打つことが出来るようになります。

 

データ(「TDLAS 方式」および「FTIR 方式」でテールエンドでの NH3 のスリップを計測)

 

 

概略仕様

測定ガス成分 NH3(1系統標準、2系統オプション)
NH3 測定レンジ 0 ~ 1000 ppm
サンプリング流量 最大 12 L/min or 6 L/min 切換
応答時間 0.1 s or 1 s 切換(0 ~ 90% step)
使用温度範囲

計測ラック:0 ~ 40℃
ガス温度:100 ~ 400℃(圧力:−20 ~ 50 kPa)

供給電源 AC 100 V、単相 50/60 Hz、1.5 kVA
装置外観寸法 計測ラック:540(W)×1200(H)×800(D)mm <ハーフラック盤、キャスタ付>
加熱導管:SUS、φ6×4 * 1500 mm(標準)
系統増設時(オプション) 同ガス種を2系統計測可能
サンプリングユニット * 2
(h:1800 mm のフルラック盤)

※詳細に関してはご相談下さい。

 Revised: 2012/09/19


● 記載事項は変更になる場合がございます。
● 価格情報は皆様の便宜のために参考用として記載された日本国内価格です。

ご購入をご検討いただく場合には最寄りの弊社営業所或いは弊社代理店にご確認下さい。

 
戻る
お客様相談室 0120-38841  9:00-12:00 13:00-18:00 (土日、祝祭日除く) ご質問・お問い合わせ(フィードバックフォーム)