運転イメージ
ベンチイメージ

次世代自動車の各種性能を、タイヤの要素を含まずに評価できるシステムです。
シャシダイナモでは実現できない過渡的な挙動を再現し、電動車をターゲットとした回生ブレーキを含めた車両制御評価や、ロードノイズを除いた車両騒音計測が可能です。また、自動運転機能の評価にも対応可能なシステムです。

RC-Sは、リアルタイムモデル演算と低慣性モータを組み合わせることにより、実車でのトランジェント試験を実現しています。実車のホイールをタイヤ型軸受に換装し、アクスル軸を車両の外側に取り出して低慣性モータに接続することで、タイヤの要素を除いた各種評価を可能にしています。
また、ADAS/AD検証用シミュレーションツールと接続することで、台上でレーン・キープ・アシストなどの自動運転機能も評価できます。

測定システム

ADAS/AD車 評価システム例

ADAS/AD開発用シミュレーションツールと連携し、台上で実車走行環境を模擬します。
各種センサ疑似装置やセンサモデルと連携し、ADAS/AD車のシステム検証やAI学習を台上で実現します。
今までシミュレーションやテストコースでしかできなかった開発・評価を台上でできることで、安全に、確実なADAS/AD車開発を実現できます。

動作例

* 本動画は、株式会社バーチャルメカニクス様、株式会社理経様、Atlatec Japan株式会社様のご協力により製作しました