2輪車用シャシダイナモメータ

路上走行時の状態を再現し、2輪車、3輪車、ATV、電動スクータなど幅広い車種の性能を高精度に評価できるシステムです。 排出ガス試験を始め、性能試験、環境試験などに対応しています。 機械部は小~大型車に対応した電気慣性式のラインアップも用意しており、初期導入費の低減、省スペース化、優れたメンテナンス性を実現しました。

各国各地域の排出ガス試験法に準拠しています。
 米国:EPA
 欧州:WLTP
 中国:GB
 インド:BS
 日本:TRIAS

測定システム

測定システム










ATV車(2WD/4WD)にも対応

機器構成

仕様例(全電気慣性式シャシダイナモメータラインナップ)

ダイナモ容量
kW
基底速度
km/h
最高速度
km/h
最大加減速度
m/s2
等価慣性補償範囲
kg
固定慣性
kg
ローラ径
mm
ローラ幅
mm
7.5 75 150 4.9 80~260 90 530.5 250
37 150 250< 4.9 80~430 140 530.5 300
9.8 100~510 170 1,061
75 150 300 15.0 100~510 170 1,061 300/1,500

130

150

300

15.0

150~750

250

1,061

300/1,500

アプリケーション

排出ガス試験アプリケーション


各国の排出ガス試験に対応

分析計及びドライバーズエイドと連携し、各処理を自動で実行し帳票出力が可能/p>

排出ガスデータ処理

ドライバーズエイド


性能試験アプリケーション


加速試験や、馬力試験が可能

過去に収録したデータの重ね書きが可能

定常測定画面

定常馬力測定グラフ


耐久試験アプリケーション

自動シフトチェンジ機能や再起動機能により再現性の高い自動運転が可能

スロットル、チェンジ、クラッチ、ブレーキの各アクチュエータの制御設定を自由に組み合わせて運転が可能

発進、チェンジタイミングをリアルタイムにビジュアル化して設定が可能

ギヤレシオ判定等の安全機能も装備

アクチュエータ制御設定

ギヤレシオモニタ

※ 各シフトポジション毎にXYグラフ上に リアルタイム表示し、ミスチェンジを判定

発進、チェンジタイミング設定

耐久試験設定

※ 走行距離、試験時間、サイクル数など トリガ条件を複数組み合わせて計測、運転管理



関連装置:自転車用シャシダイナモメータ

自転車用シャシダイナモメータ

電動アシスト自転車用シャシダイナモメータ

意の運転を行い、計測も任意のタイミングで行うことができる手動測定試験も可能

ペダルシャフト部に連結する駆動装置との併用で、アシスト性能評価に適しています

ペダル駆動装置による人漕ぎ機能で発進から停止までの運転が可能

電動アシスト自転車 JIS D9115:2018の駆動補助力の比率測定試験、一充電当たりの走行距離測定試験に対応 New

駆動補助力の比率測定試験 JIS試験画面

駆動補助力の比率測定試験 帳票

一充電当たり走行距離測定試験画面

一充電当たり走行距離測定試験 運転者用モニタ画面

周辺機器

ドライバーズディスプレイ

計測画面、ドライバーズエイド画面切替機能付き。

計測画面ではドライバーへ各種計測データを表示し運転状態の 確認が出来るように運転操作を支援するものです。

 

 

ライディングシステム

アクチュエータを一体型にし車両に搭載することで、試験車両へのセッティングが容易くなりました。

予測制御方式の採用で、従来のPID制御と比較して実走行の台上 シミュレーションの精度向上を達成しました。

 

自動検量装置

遠隔操作により、自動でダイナモトルク校正が可能

 

エンジン冷却ファン

車速追従式エンジン冷却装置

型式:遠心ファン、軸流ファンなど

前後移動方式:手動、又は電動