この製品は販売終了しました。後継品はありません
  ONO SOKKI Co.,LTD

販売終了 (後継品はありません) HOME > 製品紹介 > ソフトウェア > WS-5225
応力振幅と次数トラッキング解析 WS-5225 
DS-2000 製品紹介
製品カタログ (PDF)
音響・振動技術相談

応力振幅トラッキングと次数トラッキングを同時に解析。4次数が同時に解析できます。全ての情報を1枚に! これらを最大16ch 同時解析できます(DS-2000 にのみ対応)。

 

特長

  • 応力と次数の回転トラッキングを同時解析(WS-5220とWS-5240の機能がひとつに)

  • 次数は最大4次数まで。但し全生データ保存しているため、再計算が可能

  • 応力と次数の解析結果が1画面でリアルタイムモニタリングが可能

 

表示例

データ画面(応力振幅と次数トラッキング解析)

 

 基本仕様

解析チャンネル数 最大16ch
サンプリング周波数(Hz)
(含む回転信号)
max102.4kHz
データ収集時間 DS-2000のメモリーによる
解析項目〔表示項目〕
  1. 振幅/限度応力−回転速度線図
  2. 3次元スペクトル表示(次数/周波数)
  3. 全波形時間軸波形表示
  4. 最大/最小/平均応力−回転速度線図
  5. サーチ点の回転速度波形
  6. 特定回転速度での重ね書き
  7. 6の次数スペクトル
動作環境 OS:Windows 2000/XP
CPUクロック: 1 GHz以上
RAM:256 MB(推奨 512 MB)
価格 より (税込より)

*Windows® 2000,Windows® XP, Microsoft® Excel は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Revised: 2011/08/22


● 記載事項は変更になる場合がございます。
● 価格情報は皆様の便宜のために参考用として記載された日本国内価格です。

ご購入をご検討いただく場合には最寄りの弊社営業所或いは弊社代理店にご確認下さい。

戻る
お客様相談室 0120-38841  9:00-12:00 13:00-18:00 (土日、祝祭日除く) ご質問・お問い合わせ(フィードバックフォーム)