メールマガジン

メールマガジンバックナンバー

206号 2018年10月23日発行

小野測器                      2018年10月23日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ONOSOKKI -- info channel 10月号                第206号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 いつも、小野測器メールマガジン(ONOSOKKI -- info channel)をご愛読
 いただきまして、ありがとうございます。
 本メールマガジンは、配信のご希望をいただいたお客様へお送りしており
 ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 展示会のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「計測展2018 OSAKA」出展のお知らせ

 11月7日(水)~ 11月9日(金)の3日間、グランキューブ大阪(中之島・
 大阪国際会議場)で開催される「計測展2018 OSAKA」に出展いたします。
 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 ◆展示会名:「計測展2018 OSAKA」
 ◆開催日時:2018年11月7日(水)~ 11月9日(金)10:00~17:00

 ◆会場  :グランキューブ大阪(中之島・大阪国際会議場)
 ◆小間番号:3-8

 ◆入場料 :無料(事前登録のお申し込みが必要です)
       ※事前登録:https://eventregist.com/e/mcs2018

 ◆見どころ
  LV-7000シリーズ レーザ面内速度計 & LA-7000シリーズ 高機能騒音計
  が機能アップ
  LV-7000シリーズは、紙・フイルム・ワイヤ等の速度や速度ムラ、移動
  距離・長さを、非接触で検出する高感度・高応答のレーザ面内速度計
  です。
  騒音分析機能が豊富なLA-7000シリーズ 高機能騒音計と合わせて機能
  アップしましたので、是非ブースまでお越しください。

 ◆出展商品
  ・LV-7000シリーズ レーザ面内速度計
  ・LA-7000シリーズ 高機能騒音計
  ・MB-2200M10 超小型マイクロホン
  ・CF-9400 ポータブル 4ch FFTアナライザ
  ・GSシリーズ リニアゲージセンサ

 - 主催者のサイトは以下をご参照ください。
https://jemima.osaka/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 トルクメータ JCSS校正サービス 範囲拡大のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 小野測器はこの度トルクメータのJCSS校正におきまして、トルク容量
 1 N・m ~ 50 N・m の範囲を拡大した校正証明書を発行できるようになりま
 した。
 これにより小野測器はトルク容量 1N・m ~ 5000 N・m までのトルクメータ
 を校正できる国内では唯一のJCSS登録事業者となります。

 小野測器はJCSS校正におきまして、「音響・超音波」、「振動加速度」、
 「トルク」、「電気(直流・低周波)」、「流量・流速」の 5区分で信頼性の
 高い校正事業サービスを提供してまいります。

 - 小野測器の校正サービス
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/calibration.htm?ref=ml20181023


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 音響校正器 SC-2500 IEC規格改正について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 音響校正器 SC-2500は、2003年に制定された国際規格 IEC 60942:2003に
 基づく性能を表記していましたが、IEC規格改正を受け、新しいIEC 60942:
 2017に基づく性能についての適合が確認できましたので、2018年10月18日
 出荷分から一部性能の表記を変更いたしました。

 ◆出荷済の音響校正器 SC-2500(2018年10月18日以前の出荷)をご使用の
  お客様

 IEC表記の更新をご希望のお客様は、弊社に校正(有償)をご依頼ください。
 お客様の音響校正器 SC-2500受領後に弊社にて校正・検査を行い、改正され
 たIEC 60942:2017 の表記へ更新させていただきます。

 ご不明な点がございましたら、弊社(お客様相談室、最寄りの営業所)まで
 お問い合わせください。

 ●お問い合わせ
  お客様相談室  フリーダイヤル TEL 0120-388-841
  受付時間    9:00-12:00 13:00-18:00(土、日・祝日を除く)

 - フィードバックフォーム
https://www.onosokki.co.jp/onokokyaku/user_top.asp?a=feedback

 - 最寄りの営業所
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/company/contents/address.htm?ref=ml20181023#eigyo


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新着カタログ・資料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■新着PDFカタログ 改訂1種を掲載しました

 - エンジン回転計 セレクションガイド(改訂・自動車関連)
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html?ref=ml20181023#vehicle5


<製品カタログ・トップページ>
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html?ref=ml20181023


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 よく受ける質問と回答 FAQ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■CF-4700 FFTコンパレータ FAQ

 「スケージュールした結果のトレースラインのデータを
  RS-232C 通信で読むには?」
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/cf4700/traceline1.htm?ref=ml20181023

 「スケージュールした結果のどのトレースラインを表示するか
  RS-232C 通信で指定する方法は?」
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/cf4700/traceline2.htm?ref=ml20181023

 「どのトレースラインをカーソル値表示するか
  RS-232C 通信で指定する方法は?
  (スケジュールアクティブデータの選択方法)」
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/cf4700/traceline3.htm?ref=ml20181023


 - CF-4700 FFTコンパレータ FAQ
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/cf4700/cf4700FAQ.htm?ref=ml20181023


<よく受ける質問と回答 FAQ・トップページ>
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/faq.htm?ref=ml20181023


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 計測コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 計測に関するよくある質問から
 - 第20回「校正信号による音響校正(マイクロホンの場合)」


 当計測コラムでは、当社お客様相談室によくお問い合わせいただくご質問
 をとりあげ、回答内容を紹介しています。

 マイクロホン等で収録した音信号をFFTアナライザやデータステーション等
 の解析装置で分析する場合は、音響校正器を使って音響校正をおこないます。

 騒音計・センサアンプのREF信号や音響校正器はある決まった音圧レベル
 (114dB、94dBなど)の信号です。その信号を入力したときに解析装置で観
 測される電圧の大きさを確認すればマイクロホンや騒音計の感度(mV/Pa)が
 わかります。マイクロホン・騒音計・解析装置の動作確認にもなりますし、
 環境(温度等)・経年変化による感度のずれ、解析装置の入力特性のずれも
 補正されるため、音の測定の際は通常このような音響校正をおこないます。

 設定の誤り、装置の故障、ケーブルの断線などに気がつかないままに音響校
 正をおこなってしまうと、一見正しい値が表示されていても実際には正しい
 測定がおこなわれない状況になります。今回は前回に引き続き正しくない音
 響校正の事例をいくつか紹介します。

 (続きはこちらのPDFをご覧ください)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/emm206.pdf
                                (YK)

<バックナンバー>
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/backcontents.htm?ref=ml20181023
(バックナンバー上に今までの計測コラムのタイトル一覧を掲載しました)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆編集後記◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今年もあと2か月あまりを残すのみになりました。月日の経つ早さを感じざ
 るをえません。何かと忙しい季節となるかと思いますが、頑張って乗り切り
 ましょう。                         
 秋は深まってきたものの、まだ暖かい日もあり寒暖の差が大きい気候ですの
 で、くれぐれもご無理などなさらないよう、ご自愛ください。   (ま)


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
  発行 株式会社 小野測器 https://www.onosokki.co.jp/
     お客様相談室 mailto: cs@onosokki.co.jp
     編集責任者   加藤 雅治
     発行責任者   小嶋 治夫

 本メールは2008年12月1日に施行されました特定電子メール法の改正法に準
 拠して配信されております。

 ○特定電子メールの送信等に関するガイドライン
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_syohi/pdf/m_mail_081114_1.pdf

 ○総務省ホームページ
http://www.soumu.go.jp/

 ○登録内容の変更・停止はこちら
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/emm.htm
 ※登録メールアドレスの変更は、mail: cs@onosokki.co.jp へご連絡くだ
  さい。

 ○バックナンバー
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/backcontents.htm

 ○メールマガジンの新規ご登録はこちら
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/emm.htm

  Copyright(C),  2001-2018   Ono Sokki Co., Ltd.
  許可なく転載することを禁じます。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針