メールマガジン

メールマガジンバックナンバー

174号 2016年3月17日発行

小野測器                       2016年3月17日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ONOSOKKI -- info channel  3月号                第174号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 いつも、小野測器メールマガジン(ONOSOKKI -- info channel)をご愛読
 いただきまして、ありがとうございます。
 本メールマガジンは、配信のご希望をいただいたお客様へお送りしており
 ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 春季 音響・振動技術セミナー開催のおしらせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2016年 春季 音響・振動技術セミナー参加者募集のご案内

 音響・振動技術セミナーの受付を3月14日より開始いたしました。
 例年、募集開始を致しますと短期間で定員に達しておりますので、
 お早めにお申し込みください。


 ◆セミナー開催日程

 Aコース: FFTアナライザの基礎と実習
       2016年4月14日(木)新横浜会場 (小野測器 本社)
       午前の部講師 :東山三樹夫 コンサルティングファーム代表

       様々なフィールドにおいて、音響・振動測定の中心となるFFT
       による周波数解析について基礎から学ぶことでができ、実習
       ではFFTアナライザ(PCベース)を操作しながら実現象の計測
       を体験いただけます。


 Bコース: FFTアナライザによる振動解析の基礎と実習
       2016年4月13日(水)新横浜会場 (小野測器 本社)
       午前の部講師 :長松昭男 東京工業大学名誉教授

       振動測定において、理解しておくべきポイントを中心に解説
       を行います。代表的なアプリケーションである固有振動数測定
       の実習を通し、計測に必要な知識を身につけていただき、実験
       モード解析の基礎について理解を深めていただけます。


 Cコース: 音の測定の基礎と実習
       2016年4月11日(月)新横浜会場 (小野測器 本社)
       午前の部講師 :石田康二 小野測器(工学博士)

       音を計測する上で、理解しておくべきポイント(音の基本量、
       音の特徴と性質、聴覚の特性と評価量)を中心に解説を行い
       ます。
       周波数解析を中心としたソフトウェアによる実習を通して様々
       な解析・評価手法を理解していただけます。


 Dコース: 音質評価技術と心理学的測定法の基礎と実習
       2016年4月12日(火)新横浜会場 (小野測器 本社)
       午前の部講師 :桑野園子 大阪大学名誉教授

       音質に関する解析技術と音の快音化設計、および人間の聴い
       た感じを計測する技術(心理学的測定法)の基礎を解説します。
       音圧レベルでは差別化の難しい濁った音や変動する音を定量
       的に評価する音質評価指標や、人が聞いた印象により近い評
       価を行うための主観評価実験などを通じて、音質を定量的に
       評価する流れの基礎を学んでいただけます。製品の音を評価
       するだけでなく、製品の音作りにも役立つ講習内容となって
       います。


 ◆時間 :9:30~17:00
 ◆定員 :20名/各セミナー
 ◆参加費:1セミナー お一人様 ¥32,400.-(税込)
 ◆会場 :新横浜会場
      株式会社 小野測器 本社 ソフトウェア開発センター
     (〒222-8507 横浜市港北区新横浜3-9-3 TEL.045-476-9711)
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/company/contents/map/z1.htm?ref=ml20160317

 ※テキスト・パソコン・昼食は、用意しております。
 ※交通費は、お客様実費ご負担でお願い致します。
 ※お車でのご来場はご遠慮願います。

 ◆お申し込み:下記ページより、お申込み下さい。
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/seminar/seminar.htm?ref=ml20160317

 ※講師の方の都合等で中止または日程を変更する場合があります。
  その場合、受講料は全額返金させていただきます。


 ◆セミナーに関してのお問合せ先
 音響・振動技術セミナー 事務局
 担 当:浦壁・金川
 e-mail:seminar_supportonosokki.co.jp
 TEL :045-476-9711 FAX :045-470-7243


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 展示会出展のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「第34回モータ技術展」出展のお知らせ

 4月20日(水)~22日(金)の3日間、幕張メッセで開催される「第34回
 モータ技術展」に出展いたします。
 モータ性能に係わる試験装置を中心に、新たに開発いたしました製品の
 展示・実演をご高覧いただく準備をいたしております。ご多用の折とは
 存じますが、ご来場の節は是非とも弊社ブースにお立寄りください。

 ブース番号:8D-217(ホール8)

 展示製品 :モータ性能測定装置      TS-7700、MTシリーズ
       トルクリップル測定装置    THシリーズ、TS-2800
       モータ振動解析        CF-9400
       周期変動する音の解析と特定  LA-3000シリーズ、Oscope
       異常振動データ収録      VC-3200、DR-7100
       回転変動計測(FVコンバータ) FV-1500、FG-1300
       音源可視化システム      BF-3100

 - モータ技術展のお知らせ
https://www.jma.or.jp/tf/ja/kousei/M01motor.html

 - 展示会スケジュール
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/press/exhibition.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 バージョンアップのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■CF-9000シリーズ ソフトウェア無償バージョンアップ

 CF-9000シリーズ ポータブルFFTアナライザをご使用のお客様は、お手数を
 おかけしますが、下記URLからダウンロードくださいますようお願いいたし
 ます。
 表示されたページで、初めてご登録されるお客様は[新規登録]を、既に
 ご登録頂いているお客様は「ユーザー様向け特設ページ [ログイン]」
 をクリックの上、表示される手順に従ってダウンロードページへお進みくだ
 さい。

 主なバージョンアップ内容:
 FFTモードで、新規プロジェクトで起動直後にサンプル点数を変更してから
 CH2~CH4のデータをグラフに表示するとシステムが再起動する不具合を修正
 しました。

 ユーザ登録&ダウンロード
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/registration/newregistration.htm?ref=ml20160317#cf9000


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 よく受ける質問と回答 FAQ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■DS-3000シリーズ ESUFEEL FAQ
 操作手順書(PDFファイル)

 DS-0321&DS-0322 FFT解析ソフトウェア 「キャンベル線図の表示方法」
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/ds3000/ds3000.htm?ref=ml20160317#ds0322


■CFシリーズ FFTアナライザ FAQ
 「推奨するLAN外部コントロール用 USB-LANアダプタはありますか?」
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/cf9000/cf_usb_lan.htm?ref=ml20160317


<よく受ける質問と回答 FAQ・トップページ>
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/faq.htm?ref=ml20160317


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新着カタログ・資料(PDF)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■新着PDFカタログ 改訂1種を掲載しました。

 - ノイズテスティングソフトウェア GN-1100(改訂・ソフトウェア)
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html?ref=ml20160317#soft


<製品カタログ・トップページ>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html?ref=ml20160317


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 取扱説明書ダウンロードサービス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■取扱説明書 新規6種を掲載しました。


 - CF-4700 FFTコンパレータ 及び CF-0478 オプション関連(4種)
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/manual/fft.htm?ref=ml20160317#cf


 - MI-5420 音響可視化マイクロホンプローブ
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/manual/sv.htm?ref=ml20160317#mi


 - LA-0207A 防風スクリーン
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/manual/sv.htm?ref=ml20160317#la


<取扱説明書ダウンロード・トップページ>
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/manual.htm?ref=ml20160317
 ダウンロードいただくにはユーザ登録が必要です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 小野測器 e-Shop(ネット販売)情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GSシリーズ ディジタルリニアゲージセンサ(小野測器 e-Shop販売製品紹介)

 GSシリーズ ディジタルリニアゲージセンサは、小型・低価格のベーシック
 タイプである GS-1700/1800シリーズをはじめ、ベーシックタイプに対して
 耐振動・衝撃性能を1.5倍に強化した耐振タイプの GS-6700/6800シリーズ、
 製造現場で必要とされるヘビーデューティー性能を追求した「タフゲージ」
 GS-4700/4800シリーズ、測定範囲(ストローク)が50mm、100mmと長いロン
 グストロークタイプのGS-5050/5100シリーズまで、全機種においてベアリン
 グタイプの軸受け機構を採用したことで、軸受け寿命を大幅に改善しており
 ます。

<GSシリーズのベーシック(汎用)タイプ>
https://www.onosokki.co.jp/Store/gauge/gs_basic.htm?ref=ml20160317

<GSシリーズの耐振・耐衝撃タイプ>
https://www.onosokki.co.jp/Store/gauge/gs_taishin.htm?ref=ml20160317

<GSシリーズのロングライフタイプ>
https://www.onosokki.co.jp/Store/gauge/gs_tough.htm?ref=ml20160317

<GSシリーズのロングストロークタイプ>
https://www.onosokki.co.jp/Store/gauge/gs_long.htm?ref=ml20160317


 小野測器 e-Shop は即日発送にも対応しています。

○在庫がある商品は、午前中にご注文をいただければ、即日発送にも対応して
 おります。お支払い方法は 銀行振込み、代金引換、受取時カード払いの中
 からお選びいただけます。
○早くて便利なイーショップをご利用ください。


<小野測器 e-Shop トップページ>
https://www.onosokki.co.jp/Store/top.htm?ref=ml20160317

<スマートフォン専用サイト>
https://www.onosokki.co.jp/onshop/cgi-bin/s_shop_index.cgi
(※ PCでアクセスした場合はPCサイトが表示されます)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 重要なお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■騒音計 LA-1410/LA-1440/LA-4440
 マイクロホン用プリアンプ MI-3111 改修のお知らせ


 平素は弊社製品をご愛用賜り誠に有難うございます。
 標記製品の一部において、使用環境により不具合が発生する可能性のある
 ことが判明いたしました。つきましては、お客様には大変ご迷惑ご面倒を
 お掛けしますが、下記のとおり改修を実施させて頂いております。
 お客様にはご迷惑をお掛け致しますこと深くお詫び申し上げます。
 今後このようなことをおこさないよう、品質向上に努めて参りますので、
 何卒、ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 - 騒音計 LA-1410/LA-1440/LA-4440 改修のお知らせ
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/oshirase/LA1410_1440_4440_201507.htm?ref=ml20160317

 - マイクロホン用プリアンプ MI-3111 改修のお知らせ
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/oshirase/MI3111_201507.htm?ref=ml20160317

■TM-3100シリーズ ディジタル回転計
 DG-5100 高分解能対応ゲージカウンタ 改修のお知らせ


 平素は弊社製品をご愛用賜り誠に有難うございます。
 標記製品の一部に不具合のあることが判明いたしました。つきましては、
 お客様には大変ご迷惑ご面倒をお掛けしますが、下記のとおり改修を実施
 させて頂いております。お客様にはご迷惑をお掛け致しますこと深くお詫
 び申し上げます。
 今後、再発防止のため、徹底した管理体制を構築していく所存でございま
 すので、ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 - TM-3100シリーズ ディジタル回転計 改修のお知らせ
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/tach/tm3100fault_2014_03.htm?ref=ml20160317

 - DG-5100 高分解能対応ゲージカウンタ 改修のお知らせ
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/gage/dg5100fault_2014_03.htm?ref=ml20160317


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 計測コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 基礎からの周波数分析(26)-「伝達関数と信号出力」

 FFTアナライザで、ある系の伝達系の特性を計測するためには、その系を
 励振する(すなわちその伝達系に特定の信号を入力する)必要があります。
 2Ch以上のFFTアナライザでは簡便に伝達関数を測定するために、通常信号
 出力機能が備わっています。今回は、伝達系への励振方法や、系に入力す
 る信号とそれを使う際での注意点などをお話します。

(続きはこちらのPDFをご覧下さい)
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/emm174.pdf
                                (Hima)

<バックナンバー>
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/backcontents.htm?ref=ml20160317
(バックナンバー上に今までの計測コラムのタイトル一覧を掲載しました)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆編集後記◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 私の住む関東地方では厳しい寒さが和らいだようです。次週が春分ですから、
 当たり前かも知れません。
 例年ですと、この時期は待ち望んだ春に関する楽しい話題が多いようです。
 しかし、今年は次々と重大ニュース級の出来事が起こり、残念ながら楽しい
 気持ちになりません。
 気分をかえて、気候のよい春の季節を楽しみたいものです。     (ま)


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
  発行 株式会社 小野測器 https://www.onosokki.co.jp/
     お客様相談室 mailto: csonosokki.co.jp
     編集責任者   加藤 雅治
     発行責任者   小嶋 治夫

 本メールは2008年12月1日に施行されました特定電子メール法の改正法に準
 拠して配信されております。

 ○特定電子メールの送信等に関するガイドライン
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/d_syohi/pdf/m_mail_081114_1.pdf

 ○総務省ホームページ
http://www.soumu.go.jp/

 ○登録内容の変更・停止はこちら
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/emm.htm
 ※登録メールアドレスの変更は、mail: csonosokki.co.jp へご連絡下さい。

 ○バックナンバー
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/backcontents.htm

 ○メールマガジンの新規ご登録はこちら
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/emm.htm

  Copyright(C),  2001-2016   Ono Sokki Co., Ltd.
  許可なく転載することを禁じます。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針