メールマガジン

メールマガジンバックナンバー

111号 2010年12月22日発行

小野測器                      2010年12月22日発行
--------------------------------------------------------------------
ONOSOKKI -- info channel 12月号                         第111号
====================================================================

  本メールマガジンは、配信のご希望を頂いたお客様へお送りしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  平素は弊社商品をご愛用賜り誠にありがとうございます。
 この度弊社におきまして、下記製品のサポート改善作業中に、ラウドネス
 演算式の一部に修正すべき点のあることがわかりました。 この様な事態を
 引き起こしましたことは、大変申し訳なくお詫び申し上げると共に、掛かる
 事態を再発させないことをお誓い申し上げる次第でございます。

 なお、下記の対象製品をお使いのお客様へは、直接弊社営業担当が修正版ソ
 フトウエアをお持ちするとともに、内容についてご説明させていただきます。

■「Oscope 時系列解析ツールでの ISO 532B ラウドネス演算不具合のお知らせ」

 ISO 532B ラウドネスの低周波帯域のラウドネス値補正の一部に誤りがあり、
 ISO 532B ラウドネスの演算結果が正しく得られないことがあります。
 非定常対応のラウドネス、シャープネス、ラフネス、変動強度、トーナリ
 ティ(オプション)、変動音解析(オプション)は問題ありません。

 誠に申し訳ございませんが、対象となる製品並びにソフトウェアバージョン
 をご確認いただき、該当する場合は、対策済み最新ソフトをインストールし
 ていただきますようお願い申し上げます。詳細につきましては、以下ページ
 をご参照下さい。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/OS_fault2.htm

 

■「WS-5150 音色シミュレーションソフトウェア及びWS-5160 音質評価ソフト
 ウェアでの ISO 532B ラウドネス演算不具合のお知らせ」

 ISO 532B ラウドネスの低周波帯域のラウドネス値補正の一部に誤りがあり、
 ISO 532B ラウドネスの演算結果が正しく得られないことがあります。
 非定常対応のラウドネス、シャープネス、ラフネス、変動強度、トーナリ
 ティ(オプション)は問題ありません。

 誠に申し訳ございませんが、対象となる製品並びにソフトウェアバージョン
 をご確認いただき、該当する場合は、対策済み最新ソフトをインストールし
 ていただきますようお願い申し上げます。詳細につきましては、以下ページ
 をご参照下さい。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/OS_fault.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 年末年始 業務停止のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記の年末年始期間は休業とさせていただきます。お客様相談室のご相談受
 付業務も休止させていただきます。

 ●年末年始休業期間:2010年12月29日(水) ~ 2011年1月4日(火)
 ●相談受付休止期間:12月28日(火)12:00 ~ 年始1月5日(水)13:00 まで

 FAX、メール、フィードバックフォームなどで頂きましたご質問に対する回
 答は、2011年1月5日13:00以降とさせていただきますのでご了承下さい。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 製品情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■LV-9300A/9002/0121A レーザ測長計システム【新製品】

 LV-9300A レーザ測長計ユニット、LV-9002 センサヘッド、LV-0121A ディジ
 タル変位計ユニットにより構成される直線変位を測定する「高精度・高速応
 答の非接触レーザ測長システム」です。
 最大 1MHz サンプリング、5m/sの高速応答で、最大±10mの測定範囲を
 0.155nmの高分解能で非接触測長が可能です。

 プリンタ・スキャナ・コピー機等の OA 機器や、工作機械・移動ステージ等
 の精密位置決め機構を有する機械の動特性解析など、高精度な位置決め精度
 計測に威力を発揮します。
 オプションのLV-0930 変位解析ソフトウェアを用いると、USB 出力より計測
 データを読み込み、最高 1MHz のサンプリング周波数で、測定物の移動軌跡
 や停止時等に発生するオーバーシュートなどの動特性解析を行うことができ
 ます。また、ISO230-2に準拠した位置決め精度試験が可能です。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/thickness/lv9300a.html

 

■LV-2100A レーザ干渉変位計システム【新製品】

 LV-2100A レーザ干渉変位計は、無負荷・非接触で MEMS や圧電素子の微小
 かつ高速で振動する変位を 1MHz サンプリング、0.155nmの高変位分解能で、
 DCからの直接検出が可能です。また、レーザスポット径は最小 φ1.5μmの
 高空間分解能で、最大 5m/sの変位ストロークの計測ができます。

 オプションのLV-0930 変位解析ソフトウェアをはじめ、FFTアナライザや
 『Oscope/Oscope Professional』時系列解析ツール等の豊富なハード・ソフ
 ト群がより効果的な計測・解析をサポートします。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/thickness/lv2100a.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 HEV/EV 計測アプリケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ハイブリッド車、電気自動車の開発及び生産のために有用な計測アプリケ
 ーション3例の紹介です。

■HEV/EV モータ 性能・耐久試験システム

 HEV/EV 車両用モータに実走行シミュレーションの負荷を与える事により、
 モータの性能・耐久試験を行うシステムです。モータ単体で規定モード運転
 (JC08/JE05/10・15 等)の評価が可能です。車両モデルを使用することに
 より、様々な車両に対応できます。また、MATLAB/Simulinkによるオープン
 モデル、実機モータ・インバータへの接続等拡張性のあるシステムで、さら
 に恒温槽と組合せをして、温度ストレスも印加可能です。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/ev/m_apli7.htm

 

■モータの基本特性試験(中型・大型)

 HEV/EV 用をはじめとして、電動パワステ(EPS)用、コンプレッサ用などの
 自動車用モータや、掃除機、洗濯機などの家電用まで、使用モータの基礎特
 性データを計測する試験システムです。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/ev/m_apli8.htm

 

■バッテリー 性能・耐久試験システム

 HEV/EV 車両用バッテリに実走行シミュレーションの負荷を与える事により、
 バッテリーの性能・耐久試験を行うシステムです。
 バッテリー単体で規定モード運転(JC08/JE05/10・15 等)評価が可能です。
 車両モデルを使用することにより、様々な車両に対応できます。また、
 MATLAB/Simulinkによるオープンモデル、実機モータ・インバータへの接続
 等拡張性のあるシステムで、さらに恒温槽と組合せをして、温度ストレスも
 印加可能です。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/ev/b_apli2.htm

 

<HEV/EV 計測アプリケーショントップページ>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/ev/ev_hev_top.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 音響・振動アプリケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 アプリケーションカテゴリに以下2事例を追加しました。

■中央加振法による制振材料の損失係数測定(振動系)

 短冊状の試験片の中央部を加振して得られた周波数応答関数のピークの幅
 (半値幅)により、制振材料の損失係数やヤング率を算出します。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/application/lossfactor_2.htm

 

■半無響室における事務機器の音響パワーレベル測定(音響系)

 JIS Z8732 や JIS Z8733 に準拠し、半無響室内の自由空間に9本のマイクロ
 ホンを設置して、対象プリンタからの平均音圧レベルから音響パワーレベル
 を算出します。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/application/hemi_soundpower.htm

 

<アプリケーショントップページ>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/category/application.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 小野測器 e-Shop(ネット販売)情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■製品取扱説明書(印刷物)の販売を開始しました。現行機種の取扱説明書に
 加えて、既に販売終了した機種の取扱説明書を販売します。

http://www.onosokki.co.jp/Store/manual/eshop_manual.htm

○取扱説明書には、小野測器ホームページの取扱説明書ダウンロードページで
 公開しているものもあります。
 e-shop で販売している取扱説明書は印刷物で、PDFではありません。

○販売している取扱説明書は、原則として最新のバージョンのものとなります。
 販売している説明書の記載内容と、お客様がお持ちの製品の仕様が、マイナ
 ーチェンジ等により異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○小野測器 e-Shop は即日発送にも対応、お支払い方法も銀行振込み、代金引
 換、受取時カード払いの選択が可能です。早くて簡単・便利なe-Shopをご活
 用ください。

 

<小野測器 e-Shop トップページ>
/Store/top.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 良く受ける質問と回答 FAQ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 FAQ に以下3項目を追加しました。

■非接触車速計/GPS車速計関連に以下の項目を追加

 -「LC-1100/SF-660B 空間フィルタ検出器取付け上の注意点 - その2」
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/lc/lc_install_2.htm

 

■FFTアナライザ基本(全機種共通)関連に以下の項目を追加

 -「時定数とローパスフィルタのカットオフ周波数の関係は?」
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/fft_common/fft_input_9.htm

 

■DS-2000シリーズ データステーション関連に以下の項目を追加

 -「DS-0223トラッキング解析ソフトでオフライン解析できるレコードファイ
 ルのサンプリング周波数は?」
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/ds2000/ds200027.htm

 

<FAQ トップページ>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/faq.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 PDF/DWG外観図サービス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 以下の製品外観図を掲載しました。

 - LV-9300A レーザ測長計(本体)(レーザ関連製品)
 - LV-0121A ディジタル変位計ユニット(レーザ関連製品)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/laser.htm

 

<製品外観図ダウンロードトップページ>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/overallview.htm

 ダウンロードにはユーザ登録(フリー)が必要です。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新着カタログ・資料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 PDFカタログ改訂3種を掲載しました。

 - LVシリーズ レーザドップラ式非接触振動計(音響振動 改訂)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html#4

 - TQ-1000シリーズ フランジ型高剛性トルク検出器(トルク 改訂)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html#5

 - FR-2000シリーズ 音響振動シミュレーションソフトウェア(ソフト改訂)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html#7

 

<PDFカタログトップページ>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 計測コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 音の測定の基礎 - 第21回「残響理論と残響時間の測定」その7
              - 残響時間の測定(2)-

 インパルス応答から残響時間を算出する方法は、1965年 Schroeder によっ
 て発表されました。その後、ディジタル信号処理技術の進展と、室内音響計
 測にPCの利用が一般的になったことで、30余年を経て、1997年に本手法が規
 格化された経緯は前回お話しました。今回は、ごく簡単にではありますが、
 インパルス応答の意味、測定方法、および、インパルス応答積分法から、残
 響時間を算出するプロセスを説明します。

 インパルス応答は、「インパルスと呼ばれる非常に短い信号を入力したとき
 のシステムの出力」と定義されます。ホールのような室内でのインパルス応
 答の測定は、古くは、競技のスタートに用いるピストル発火音を用いて、ス
 テージ上で「パァン」と鳴らして、その音の減衰過程を客席で観測するとい
 うことを行っていました。簡易的には、手を叩いても短いパルス的な音が生
 じるので、室の響きの印象はつかめます。室内音響において、非常に短い信
 号の入力とは、上記のようなパルッシブな音源の室内への発生であり、シス
 テムの出力は、受音点における応答(直接音と反射音による音圧時間波形)
 ということになります。このインパルス応答は、波形上の一つ一つの反射音
 の方向は未知であるものの、ある音源と受音点の関係における物理音響的な
 すべての情報を含んでいるといえます。

 さて、現在では、ピストルの代わりにスピーカを用いて測定しますが、通常
 スピーカは、特に高周波領域では強い指向性をもちますので、無指向性12面
 体スピーカを用いるのが一般的です。 音源に用いる信号の種類として、大
 きくは以下の3つの方法が取られます。

 (続きはこちらのPDFをご覧下さい)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/emm111.pdf

                                (KI)

<バックナンバー>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/backcontents.htm
(バックナンバー上に今までの計測コラムのタイトル一覧を掲載しました。)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆編集後記◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 クリスマスが過ぎると、もう正月は目の前。慌しく過ごしているうちに、12
 月もあっと言う間に過ぎ去っていきます。仕事は最後のしめくくり、ラスト
 スパートをかけている方もいらっしゃるでしょう。
 気ぜわしい師走とは打って変わって、お正月は静かに過ごせるのではないで
 しょうか。月並みですが、ご家族揃って、こたつでみかん、気が向いたら初
 詣へ、なんていうのもいいでしょう。 (ま)

 本年も12月号を無事に発行することができました。これもひとえに皆様から
 の励ましや忌憚無いご意見をいただいたおかげだと、感謝しております。
 有り難うございました。どうぞ皆様、良いお年をお迎え下さい。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  発行(株)小野測器 http://www.onosokki.co.jp/
     お客様相談室 mailto: csonosokki.co.jp
      編集責任者   加藤 雅治
     発行責任者   小嶋 治夫

 本メールは2008年12月1日に施行されました特定電子メール法の改正法に準
 拠して配信されております。

 ○特定電子メールの送信等に関するガイドライン
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/d_syohi/pdf/m_mail_081114_1.pdf
 ○総務省ホームページ
http://www.soumu.go.jp/

  登録内容の変更・停止はこちら
https://www.onosokki.co.jp/EMM/emm.htm
  バックナンバー
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/backcontents.htm
  メールマガジンの新規ご登録はこちら
https://www.onosokki.co.jp/EMM/emm.htm

  Copyright(C),  2001-2010   Ono Sokki Co., Ltd.
  許可なく転載することを禁じます。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針