メールマガジン

メールマガジンバックナンバー

81号 2008年6月26日発行

小野測器                       2008年6月26日発行
--------------------------------------------------------------------
ONOSOKKI -- info channel 6月号                          第81号
====================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 製品情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■新型VEシリーズ静電容量式微小変位検出器(新製品)

 新型VEシリーズ(VE-5010/1020/1520/3020/8020)静電容量式検出器は金属
 等の導電体とセンサとの距離を高精度で非接触に測定可能な微小変位・
 振動検出器です。タービン、電動機、コンプレッサなどの回転機の軸振動
 や面振れ、移動中物体の厚さや幅の測定・制御などに威力を発揮します。
 変位量の測定はもちろん、たわみ量、反り量の測定・制御用として幅広い応
 用が可能です。VT-5200/5700シリーズ静電容量式非接触変位計または
 CL-5600シリーズ静電容量式非接触厚さ計と組み合わせて使用します。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/thickness/new_ve.html

 

■FT-1500アドバンストタコメータ(大幅改訂)

 FT-1500はモータや各種回転機などから発生する騒音や振動または磁束の変
 化などから FFT演算により回転速度を測定するユニークな回転計です。
 今回新たにアプリケーション例を加え、製品ページを大幅改訂しました。
 仕様情報もより詳しく載せておりますので、ご参考下さい。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/tach/ft1500.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 よく受ける質問と回答FAQ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■トルク検出器/演算表示器FAQに2項目追加

 -「トルク検出器の回転方向切り替えを、外部からコントロールしたい」

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/torque/ex_rotation_change.htm

 -「トルク検出器とトルク演算表示器との接続ケーブルは?」

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/torque/tk_ts_cable.htm

 

■XN-8100シリーズレポライザFAQに2項目追加

 -「トラッキング線図(X軸:r/min、Y軸:パワー)で1つのグラフに次数
   6本とオーバーオール1本を表示させて、テキスト形式でエクスポート
  したら、2ファイルできた。 何故か?」

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/xn8000/xn8000_32.htm

 -XN-0823リアルタイムオクターブ解析ソフト 簡易操作手順書(PDFファイル)
 「オールパス(オーバーオール)のトレンド測定の方法」

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/pdf/xn0823_trend.pdf

 

■DS-2000シリーズ データステーションFAQに1項目追加

 -「ノートPC用ONO-LINK II<Card> DS-0297 を DS-0297A にすると転送速
   度は速くなるか? 注意点は? 」

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/ds2000/ds0297_2.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 DWG/PDF外観図
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 以下外観図を新規掲載しました。

 -HT-6100 外部センサ入力型 ディジタルハンドタコメータ
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/vehicle.htm#9

 -新型VEシリーズ 静電容量式微小変位検出器
  (VE-5010/1020/1520/3020/8020)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/ve.htm

 -RR-2200 レーザ式回転軸ぶれ計
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/laser.htm

 -SE-1200 ディジタルエンジン回転計
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/vehicle.htm#9

 -CH-0011(CH-1200用) AC/DC アダプタ
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/np.htm

 

<外観図トップページ>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/overallview.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新着カタログ・資料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 PDFカタログ改訂3種を掲載しました。

 ○HTシリーズハンディタコメータ(回転速度 改訂)
 ○FT-1500アドバンストタコメータ(回転速度 改訂)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html#2

 ○エンジン回転計セレクションガイド(自動車関連 改訂)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html#6

 

<PDFカタログトップページ>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 計測コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ディジタル計測の基礎 - 第9回「いろいろな時間波形とスペクトル」

 今回は、FFT分析をしたスペクトル値が、周波数分解能によってどのように
 変わるか、更に、時間波形によって、分析したスペクトル値をどう読み取っ
 たらよいかについて、お話しします。

 前回の「時間窓長とスペクトル分解能」で説明したように、FFTアナライザ
 での周波数スペクトルは、ビン(bin)と呼ばれるある幅を持ったフィルタ
 群を通過した交流信号のパワー(2乗平均値)を求めることになります。
 このスペクトルをパワースペクトルと呼ぶことにします。正弦波などのよう
 な周期的な信号のスペクトルは、ライン(線)スペクトルとなりますので、
 そのラインスペクトルがビンの幅に入っておれば、幅に関係なくそのパワー
 値は変わりません。パワースペクトルの物理単位は、V^2(または、EU^2)
 となります。

 それに対して、アンプのノイズのような周期性のない不規則な時間波形(ラ
 ンダム信号)のスペクトルは周波数の連続関数となることから、連続スペク
 トルとなります。このようなランダム信号のスペクトルのパワー値は・・・

 (続きはこちらのPDFをご覧下さい)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/emm81.pdf

 

 <バックナンバー>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/backcontents.htm
(バックナンバー上に今までの計測コラムのタイトル一覧を掲載しました。)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆編集後記◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この1か月間、いろいろな出来事がありました。
 6月14日には東京メトロ「副都心線」池袋-渋谷間(8.9km)が開業して、
 東武東上線、西武池袋線方面から新宿、原宿、渋谷へ行くのに乗り換えが不
 要となり、人の流れが大きく変わりました。2012年には東急東横線とも
 相互直通運転が行われ、埼玉県南西部と横浜方面が乗り換え無しで結ばれる
 予定です。
 今回の副都心線開業により、私も通勤時の乗り換えが1つ減り、大変便利に
 なりました。皆さんも一度乗ってみてはいかがでしょうか?車両は天井が
 高くなっていて圧迫感が無くとても快適です。(ま)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  発行(株)小野測器 http://www.onosokki.co.jp/
     お客様相談室 mailto: csonosokki.co.jp
      編集責任者   加藤 雅治
     発行責任者   小嶋 治夫

  登録内容の変更・停止はこちら  
https://www.onosokki.co.jp/EMM/emm_change.htm

  バックナンバー
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/backcontents.htm

  メールマガジンの新規ご登録はこちら
https://www.onosokki.co.jp/EMM/emm.htm

  Copyright(C), 2001-2008   Ono Sokki Co. Ltd.
  許可なく転載することを禁じます。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針