メールマガジン

メールマガジンバックナンバー

74号 2007年11月21日発行

小野測器                       2007年11月21日発行
--------------------------------------------------------------------
ONOSOKKI -- info channel 11月号                          第74号
====================================================================
   (お願い:リンクURLが複数行に渡る場合には繋げてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 製品情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■SS-2000シリーズ高速回転対応トルク検出器【新製品】

 高速化するモータの性能試験をはじめ、高速で回転するポンプやコンプレッ
 サ、送風機、ボーリング、歯車の性能試験などに最適なトルク検出器です。
 特別な潤滑装置なしで、Max.15,000 r/min の高速回転に対応します。
 定格トルク5 N・m、10 N・m、20 N・mの3種類の製品をラインアップ、
 TS-2700 または TS-3200 演算表示器と組み合わせて使用します。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/torque/SS2000.htm

 

■CF-3600A 4ch FFT アナライザ【仕様UP】

 CF-3600をさらに性能アップしたCF-3600Aが、10月末から販売開始されました。

 CPU:AMD Geode LX800(800MHz)搭載、HDD容量:40G、ダイナミックレンジ
 :100dB、バッテリ駆動時間:30分を実現しました。
 (CF-3600との性能差は下記をご覧ください。)

 CF-3600A 4ch FFT アナライザはタッチパネルコンピュータ一体型のポータ
 ブルボディで、移動・持ち運びが便利です。
 プリアンプ内蔵型加速度センサをダイレクト接続、リアルタイム解析はもち
 ろん、データ収録機能により後解析ができ、フィールドでの測定を容易にし
 ます。
 さらに、解析結果はUSBやLANを使ってパソコンへ転送できます。別売りの
 計測処理用ソフトウェアRepolyzer2や、多機能グラフ作成ソフトO-Chartで
 パソコンでのレポート作成が可能です。

 (CF-3600A)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/data/cf3600.htm

(CF-3600からCF-3600Aへ変更:CF-3600AとCF-3600との相違点)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/cf3600/cf3600vs3600a.htm

(計測処理用ソフトウェアRepolyzer2)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/software/others/repolyzer.htm

(多機能グラフ作成ソフトO-Chart)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/software/others/ochart.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 アプリケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ギア良否判定指標をOscope Professionalでつくる

 自動車の動力構成部品に使われているヘリカルギアの不良が、実走行試験に
 おいて見つかりましたが、製造チェック時の良否判定の指標外によるもので
 した。そこで、お客様では、新たな良否判定指標の作成を必要とされ、当社
 時系列解析ツールOscope Professionalがこの指標作成のお役にたった事例
 をご紹介いたします。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/application/gear_noise.htm

 <アプリケーション一覧>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/category/application.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 よく受ける質問と回答FAQ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■DS-2000シリーズ データステーションFAQに4項目を追加

 -「DS-2000シリーズでのオートゼロ機能のご注意」
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/ds2000/ds2000_autozero.htm

 -「DS-0223リアルタイムオクターブソフトでORFデータの解析の際、解析の
  初めに一瞬レベルが大きくなり平均化のときに問題となるが、この問題の
  解消方法は」
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/ds2000/ds200024.htm

 -「DS-0223リアルタイムオクターブソフトで 周波数重みをフラット特性に
  してトレンドデータを収録したときに、 A特性をかけたトレンドデータ
  をテキストファイル保存する方法」
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/ds2000/ds200025.htm

 -「DS-0222トラッキング解析ソフトでトラッキング線図の任意回転速度の
  パワースペクトルデータを保存する手順」
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/ds2000/ds200026.htm

 

■CF-3600Aポータブル4chFFTアナライザFAQに1項目を追加

 -「画面上でクリックした点とカーソルの位置がずれる」
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/cf3600/cf3600a_1.htm

 

■CF-7200ポータブル2ch FFTアナライザFAQに2項目を追加

 -「推奨プリンタ用感熱紙のメーカ及び型名」
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/cf7200/cf7200_19.htm

 -「CF-7200の推奨メモリは」(2007年11月19日現在)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/cf7200/cf7200_11.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 DWG/PDF外観図サービスページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 製品外観図を追加しました。

 -SS-2000シリーズ高速回転対応トルク検出器
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/torque.htm

 

<外観図トップページ>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/overallview.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新着カタログ・資料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 PDFカタログ新規1種と改訂2種を掲載しました。

 ○ディジタル回転計セレクションガイド(回転速度 改訂)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html#2

 ○CF-3600AポータブルFFTアナライザ(データ処理 新規)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html#3

 ○VC-2100/3100&CF-4200A振動・音響コンパレータ(音響振動 改訂)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html#4

 

<PDFカタログトップページ>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 計測コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ディジタル計測の基礎 - 第2回「振動センサとサイズモ系」

 今回は、物理現象のセンシングの例として、振動センサとしてよく用いられ
 る圧電型加速度ピックアップについて、お話しします。

 一般に、振動センサを大きく分類すると、接触タイプと非接触タイプに分け
 られます。非接触タイプは、いわゆる不動点からの相対振動を測定すること
 になります。非接触のため、振動する対象物に影響を与えないというメリッ
 トがある反面、振動絶縁などの工夫が必要となります。
 それに対して、接触タイプは、不動点が必要なく、比較的簡便に取り付け、
 測定可能です。接触タイプの振動センサ測定は、殆どがおもりの運動を検出
 するサイズモ系と呼ばれる原理を利用して、対象物の加速度や変位などを測
 定しています。以下、サイズモ系の測定原理について簡単に説明します。

 (続きはこちらのPDFをご覧下さい)
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/emm74.pdf

                          ( By Himajin )

 <バックナンバー>
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/backcontents.htm
(バックナンバー上に今までの計測コラムのタイトル一覧を掲載しました。)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆編集後記◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 11月も半ばをすぎ、朝晩はかなり冷え込むようになりました。
 日中は少し暖かいと思っていたら、夜になると寒くなったりします。
 わたくしは、慌てて冬物をタンスから引っ張り出しました。
 寒い地方にお住まいの方は、すでに暖房を始めていらっしゃるのでしょうか。
 これから一日一日寒くなって、季節はあっという間に冬です。
 11月から12月にかけ、何かと行事・イベントがあり、気ぜわしい季節になり
 ました。今年も、残りわずか1か月余り。風邪などに気をつけて、仕事にが
んばりましょう。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  発行(株)小野測器 http://www.onosokki.co.jp/
     お客様相談室 mailto: csonosokki.co.jp
      編集責任者   加藤 雅治
     発行責任者   小嶋 治夫

  登録内容の変更・停止はこちら  
https://www.onosokki.co.jp/EMM/emm_change.htm

  バックナンバー
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/backcontents.htm

  メールマガジンをご紹介ください。ご登録はこちら
https://www.onosokki.co.jp/EMM/emm.htm

  Copyright(C),  2001-2007   Ono Sokki Co. Ltd.
  許可なく転載することを禁じます。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針