メールマガジン

メールマガジンバックナンバー

31号 2004年4月22日発行

 小野測器                     2004年4月22日発行
--------------------------------------------------------------------
ONOSOKKI -- info channel                                      第31号
====================================================================

********************4月のコンテンツ ******************************

▼イベント

 ○「人と車のテクノロジー展 2004」 5月19日~21日

▼お知らせ

 ○DS-3060ゲージカード用ソフトウェア無償バージョンアップ
 ○WS-5130W/5140Wディスク変換ソフトのお試し版を用意

▼製品情報

 ○NP-3211加速度検出器【新製品】
 ○Web3Dイメージカタログ2種

▼アプリケーション

 ○レーザドップラ振動計 「ボールボンディング用ワイヤボンダ超音波振動測定」

FAQサポート

 ○LVシリーズレーザドップラ振動計FAQカテゴリを新設【新規】
 ○「TS-2700とパソコンをRS-232Cでつなぐ時の設定」【新規】

▼DXF/PDF外観図

  -LV-1720レーザドップラ振動計
 -FG-1200オプトマルチメータ
 -FS-540光電式回転検出器
 -SH-022高分解能用ゲージスタンド
 -DG-0010/0020信号出力信号変換ボックス
 -TS-7700トルクステーション
 -DL-2100/2200非接触速度検出器
 -IP-3000ガソリンエンジン回転検出器
 -IP-2800ガソリンエンジン回転検出器
 -OM-200ガソリンエンジン回転検出器
 -CP-044ディーゼルエンジン回転検出器
 -AM-2610点火進角計
 -GE-1200ディーゼルエンジン回転計

▼新着カタログ・資料

 -VE/VSシリーズ非接触変位計(改訂)
 -CF-5220ZマルチパーパスFFTアナライザ(改訂)
 -LA-1350/4350積分型普通/精密騒音計(改訂)

▼計測コラム

 振動解析 -4 「現代制御と古典制御 -2」

********************************************************************
   (お願い:リンクURLが複数行に渡る場合には繋げてください)

-----------------------------------------------------------
◆◇◆イベント◆◇◆
-----------------------------------------------------------

 ■「人と車のテクノロジー展 2004」 5月19日~21日

  (社)自動車技術会主催の「人と車のテクノロジー展2004」がパシフィ
  コ横浜で開催されます。「4チャンネルFFTアナライザ」「TS-7700モー
  タトルク測定システム」「レーザドップラ振動計」「音響振動計測ソフ
  トウエア」などの新製品をはじめ、自動車・自動車部品関連の計測につ
  いて最新のアプリケーション例をご提案します。

   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/press/Exhibition.html

-----------------------------------------------------------
◆◇◆お知らせ◆◇◆
-----------------------------------------------------------

 ■DG-3060ゲージカード用ソフトウェア無償バージョンアップ

  DG-3060 ゲージカードご利用のお客様へWindows 2000/XP対応へ無償バ
  ージョンアップを実施いたします。ノートパソコンを更新されます場合
  にご利用ください。最小サンプル時間が1sから0.1sに機能UPしました。
  なお、VerUPしますとWindows 95/98/Me、及びExcel 97 では動作しなく
  なりますので十分ご注意下さい。
  ダウンロードのためには、ユーザ登録が必要です。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/registration/registrationform.htm

 ■WS-5130W/5140Wディスク変換ソフトのお試し版を用意

  折角ご購入いただいても、最新のパソコンのフロッピディスクドライブ
  では該当アナライザのフロッピディスクフォーマットを読み込めない場
  合が有ります。
  該当アナライザのフロッピディスクがご使用されるパソコンのフロッピ
  ドライブでご使用可能か否かをご確認いただくため、お試し版を用意い
  たしました。お試し版では、旧アナライザのデータが保存されたフロッ
  ピをパソコンに読込、グラフ表示を行うことは出来ますが、そのデータ
  をパソコンに書き込むことは出来ませんのでご了承お願いします。

  〇WS-5130W ディスク変換ソフトお試し版
   (適合機種 CF-350/360)
   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/software/ws/ws5130w.htm

  〇WS-5140Wディスク変換ソフトお試し版
   (適合機種 CF-840/880/8400/8800)
   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/software/ws/ws5140w.htm

 

-----------------------------------------------------------
◆◇◆製品情報◆◇◆
-----------------------------------------------------------

 ■NP-3211加速度検出器

  NP-3210の後継となるプリアンプ内蔵の超小型・軽量タイプ加速度検出
  器。広い周波数範囲はそのままに、NP-3210に比較し耐衝撃性を5倍に
  高め、しかも低価格。NP-3211は、様々な計測用途にご使用頂けます。

http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/soundvib/np3000_series.html

 ■Web3Dイメージカタログ2種

  製品外観を3次元立体イメージで上下左右任意方向捉えることが可能な
  Web 3D、今月は以下製品2機種を追加しました。
  それぞれのURLからページ右上段のWEB3Dをクリック下さい。

  〇HT-4100ディジタルハンドタコメータ
   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/tach/ht4100.html

  〇IP-3000エンジン回転検出器
   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/vehicle/ip3000.html

 

-----------------------------------------------------------
◆◇◆アプリケーション◆◇◆
-----------------------------------------------------------

■レーザドップラ振動計によるボールボンディング用ワイヤボンダ  超音波振動測定」

 ワイヤボンダとは、ICやLSIの核となるシリコンチップとリードフレー
 ム間に導通させるためのワイヤを接続する装置です。現在、ワイヤボン
 ディングにおいては超音波を利用する方式が一般的であり、超音波振動
 の印加状態がボンディングの品質を左右する重要なパラメータの一つと
 してクローズアップされてきています。安定したボンディングを行うた
 めには、キャピラリ先端での振動振幅を安定させる必要があり、このた
 め、ツール先端の微細振動をダイレクトに測定するニーズが年々増大し
 てきています。ここでは、レーザドップラ振動計を用いて、キャピラリ
 の振動状態(微小変位)を高精度に測定する方法を、測定の際の注意点
 と共にご紹介します。

   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/application/lv_bonding.htm

 ◆アプリケーショントップぺージはこちら;
   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/category/application.htm

 

-----------------------------------------------------------
◆◇◆FAQサポート◆◇◆
-----------------------------------------------------------

 ■LVシリーズレーザドップラ振動計FAQカテゴリを新設

  LVシリーズレーザドップラ振動計に関し、よく受けるお問い合わせを
  FAQとしてまとめました。製品担当エンジニアの長年のKnow−Howも多く
  含まれています。現在レーザドップラ振動計をお使いの方、並びに
  これから使ってみたいと考えておられる方は是非ご一読下さい。

   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/lv/lv_FAQ.htm

 ■トルク検出器/演算表示器FAQに追加

  「TS-2700とパソコンをRS-232Cでつなぐ時の設定」
  TS-2700トルク演算表示器とWindows XpパソコンをRS-232Cで接続する
  方法に関する解説です。

   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/torque/ts2700_rs232c.htm

 

-----------------------------------------------------------
◆◇◆DXF/PDF外観図サービスページ◆◇◆
-----------------------------------------------------------

 ■音響・振動関連製品に以下外観図を追加

  -LV-1720レーザドップラ振動計

   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/sv_products.htm

 ■回転関連製品に以下外観図を追加

  -FG-1200オプトマルチメータ
  -FS-540ファイバセンサ

   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/tach.htm

 ■リニアゲージ関連製品に以下外観図を追加

  -SH-022ゲージスタンド(高分解能用)
  -DG-0010/0020信号出力信号変換ボックス

   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/gage.htm

 ■トルク関連製品に以下外観図を追加

  -TS-7700トルクステーション

   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/torque.htm

 ■自動車関連製品に以下外観図を追加

  -DL-2100/2200非接触速度検出器
  -IP-2800ガソリンエンジン回転検出器
  -IP-3000ガソリンエンジン回転検出器
  -OM-200ガソリンエンジン回転検出器
  -AM-2610点火進角計
  -GE-1200ディーゼルエンジン回転計

   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/vehicle.htm

 <外観図トップページ>
   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/outerview/overallview.htm

 

-----------------------------------------------------------
◆◇◆新着 PDFカタログ◆◇◆
-----------------------------------------------------------

 今月のPDFカタログは改訂3種

 ■データ処理(FFTアナライザ)関連

  -CF-5220ZマルチパーパスFFTアナライザ

 ■音響/振動関連

  -LA-1350/4350積分型普通/精密騒音計

 ■寸法/変位関連

  -VE/VSシリーズ非接触変位計 

 <PDFカタログトップページ>
   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/pdftop.html

-----------------------------------------------------------
◆◇◆計測コラム◆◇◆
-----------------------------------------------------------
  振動解析 -4 「現代制御と古典制御 -2」

 文中の図は次のところをご参照願います。

   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/04_04_22add.htm

 3.H∞制御

 この制御設計法は、周波数軸である値以下にするように対象の制御系を
 構成する手法です。ここでは伝達関数の大きさを測るノルムとしてH∞
 ノルムを用いる。H∞制御は目的の制御系の特性が明確であるため見通
 しの立ちやすい設計法ともいえます。H∞の解法としてはリカッチ方程
 式に基づく手法、リカッチ不等式に基づく手法、LMI(線形行列不等
 式)に基づく手法など多数の解法が知られています。

        図:H∞制御の概念

 4.最適レギュレータ理論

 最適レギュレータ理論においては、フィードバックは前出の状態ベクト
 ルXを用いて行われます。すなわち制御入力の形として、次の式が採用
 されます。

   U=−KX                   (12)

 この時のKはフィードバックゲインとよばれる行列です。このKをうま
 く選ぶことにより極を任意の特性根に配置できますが、実際には、どの
 ような極位置が最も有効なのかは分かりにくい。そこで、制御に要する
 エネルギーと制御性能の和が最小限となるように、2次形式の評価関数
 を定義して制御設計、状態フィードバックゲインを決定します。すなわ
 ち最適レギュレータ理論では次のような多入力多出力系に対して

   X’=AX+BU                (13)
          A:SystemMatrix
           B:InputMatrix
           X:状態量

 次のような2次形式の評価関数Jを最小にする状態フィードバック
 ゲイン行列Kを定める方法を採用しています。

   J=∫[X^TQX+U^TRU]dt        (14)
              ∫:0~∞までの積分を示す
             X^T:X の転置行列を示す
                      (以下同様)

 このときの2次形式のなかのQは状態ベクトルにかかる重み行列であり
 非負の正定行列である。Rは入力ベクトルにかかる重み行列であり、
 同じく正定行列である。このQとRのとりかたによって制御性能・振動
 特性と入力エネルギー消費のバランスのトレードオフが成立します。

     図:制御性能・振動特性と入力エネルギーの関係

 つまりRを小さくすると制御量が大きくなり良好な制振効果が得られる
 反面、大きなエネルギー(又はコスト)を許容することになります。
 行列Qは影響させたい状態量に応じて定められます。したがってLQ制
 御理論ではこれらの行列が制御系を設計する際の設計パラメータとなり
 ます。しかしながら、これらの行列の値を決定する指導原理はないの
 で、現状ではシミュレーションによって選択しています。

       図:現代制御理論の概念

 5.まとめ

 古典制御による設計は今も活用されています。これは1入力1出力で簡
 易的に振動を制御する場合、コスト等において非常に利点の多い手法で
 ある点にあります。これに対して現代制御理論では多入力多出力やロバ
 スト性を必要とする制御において活用されています。現代制御を行うに
 あたっての要点は以下のようにまとめることができます。

 (1)各変数を状態量にまとめ、システムを状態方程式によって記述する
  必要がある

 (2)制御目的に応じて最適レギュレータ設計、H∞制御設計等の制御設
  計手法を用いてフードバックを決定することにあります。

 これらはMATRAB(サイバネットシステム(株))のようなシミュレーシ
 ョンプログラムにより簡単に試してみることができます。
 他方、制御においての障害としては、制御対象の不確かさ(モデル誤差)
 であり、モデルの低次元化の問題があります。また実際の制御を行う場
 合は、ノイズ、非線形要素等が予期しない制御の障害となります。
 これらの制御手法に付いてはまたの機会とさせていただきます。
 以上、振動制御の一部で簡単ではありますがご紹介いたしました。
                          (by sawa)

補足説明  

 (2)ノルム
 ベクトルは行列で記述され、その大きさ(magnitude)は絶対値(absolu
 -te value)あるいはノルム(norm)とも言い、同じベクトルの内積の
 平方根、すなわち全項の自乗和の平方根で表されます。

 (3)ロバスト性
 制御対象の特性が変化した時、一般的に制御性能が低下します。制御性
 能が落ちにくい制御法をロバストな制御と呼ばれています。言いかえる
 と制御性の変化に対して耐性のある制御のことです。

バックナンバーはこちら:

   http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/eMM_back/backcontents.htm

 

====================================================================

編集後記

 私の市でも「プラ」の分別収集が始まりました。
 今までは一般ごみと一緒の袋でしたが、プラ専用の袋となって、一般ご
 みよりプラごみの方が多いことに驚いています。スーパーのトレイはプ
 ラの認識はありましたが、愛用の小さい胃腸薬の一包もそうでした。
 良く見ると「プラ」PP 等の表記があります。ネットで検索してみると
 「プラスチック容器包装リサイクル推進協議会」が出てきて解説してあ
 りました。
 PE:ポリエチレン、PP:ポリプロピレン、PS:ポリスチレン、PET:ポリ
 エチレンテフタレート、PA:ポリアミド、PVC:ポリ塩化ビニル。
 「プラ」は強くて軽くて外からの汚れを防ぎ、保存や衛生面でも食品の
 包装には最適です。でも丈夫すぎて分解ができません。また化石燃料が
 原料ですよね。 「愛・地球」の言葉を思い出し、飴玉の一包みを捨て
 ないよう分別収集に協力します。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  発行(株)小野測器 http://www.onosokki.co.jp/
     お客様相談室 mailto:csonosokki.co.jp

        編集責任者   野田 幸治

  登録・変更・停止はこちら: webinfoonosokki.co.jp

  Copyright(C), 2001 Ono Sokki Co., Ltd.
  許可なく転載することを禁じます。

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針