Oscope 時系列解析ツールでの ISO 532B ラウドネス演算不具合のお知らせ


2010年12月14日


平素は弊社商品をご愛用賜り誠にありがとうございます。

この度弊社におきまして、製品のサポート改善作業中に、ラウドネス演算式の一部に修正すべき点のあることがわかりました。 この様な事態を引き起こしましたことは、大変申し訳なくお詫び申し上げると共に掛かる事態を再発させないことをお誓い申し上げる次第でございます。なお、対象製品をお使いのお客様へは、直接弊社営業担当が修正版ソフトウエアをお持ちするとともに、内容についてご説明させていただきます。

本製品をお使いのお客様におかれましては、大変ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ございませんが、対策済み最新ソフトウェアをインストールいただけますようお願い申し上げます。

ご繁忙の折、誠に恐縮至極でございますがご理解とご協力を賜ります様お願い申し上げます。

なお、ご不明な点等ございましたら、大変恐縮ではございますが、下記弊社お客様相談室へお問合せ願います。

 

 

■ 不具合の原因と現象

ISO 532B ラウドネスの低周波帯域のラウドネス値補正の一部に誤りがあり(100 〜 200 Hz 帯域)、ISO 532B ラウドネスの演算結果が正しく得られないことがあります。

非定常対応のラウドネス、シャープネス、ラフネス、変動強度、トーナリティ(オプション)、変動音解析(オプション)は問題ありません。

 

■ 対象製品

型名 ソフトウェアバージョン
Oscope 2

OS-2740 Oscope 2 音質評価パック
OS-2750 Oscope 2 変動音解析パック
OS-0271 Oscope 2 音質評価オプション

メジャーバージョン 2.0の場合、Ver. 2.0.18以下
メジャーバージョン 2.1の場合、Ver. 2.1.7以下
メジャーバージョン 2.2の場合、Ver. 2.2.1以下
Oscope Professional

OS-2100 Oscope Professional フルパック
OS-2140 Oscope Professional 音質評価パック
OS-2140A Oscope Professional 音質評価パック
OS-2150 Oscope Professional 変動音解析パック
OS-2150A Oscope Professional 変動音解析パック
OS-0525 Oscope Professional 音質評価オプション

メジャーバージョン 1.0の場合、Ver. 1.0.49以下
メジャーバージョン 1.1の場合、Ver. 1.1.29以下
メジャーバージョン 1.2の場合、Ver. 1.2.14以下

 

■ 対策

修正版ソフトウェアをインストール下さい。修正版ソフトウェアは弊社営業担当が直接お伺いしてご説明の上お渡しします。また、こちらのユーザ様ページからダウンロードする事が出来ます。

「Oscope インストール方法(PDFファイル)」に従って、お使いの製品のソフトウェアを  Oscope 2 では Ver. 2.2.3 以降に、また Oscope Professional では Ver. 1.2.16 以降に更新下さい。この手当により不具合が改修されます。

 



お問い合わせフィードバックフォーム
お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室


Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針