ONO SOKKI Co.,LTD

   
振動センサとFFTアナライザの組み合わせに関して

振動センサとFFTアナライザを組み合わせた際のご質問を次表にまとめました。

【質 問】

【回 答】

【関連する取説の章】

1

ACHに騒音、BCHに振動で校正分析したいが、easy operation編の操作でできるか。

Easy Operationは機能が限定され不可です。

操作の応用性を考えると、通常の機能設定操作になれたることをお勧めします。
校正機能で校正後、パネルコンディションメモリーしておきます。

5.3校正機能

11.1コンディションメモリー

2

変位信号をデータレコーダに記録し後日再生分析したい。

測定で注意することは

データレコーダに校正信号を入れておきます。

校正信号を再生しながらスペクトルのオーバーオール値を読み取り、その値をCFの校正機能V/EUで校正します。

5.3.2任意の電圧を1EUとする

5.3.3任意のサーチポイント値を任意のEU値とする

3

10mm/secのとき 0.5Vの校正の操作は

センサの 1mm/sあたりの数値=0.05V を校正機能のV/EU にキーインします。

5.3.2任意の電圧を1EUとする

4

9.8m/s2(=1G)の校正器の信号を入力し、

片振幅値の表示でY軸を校正したい。

9.8m/sの校正器の出力信号は実効値表示してあると、ピークでは実効値表示の√2倍の値になります。

CFの表示も実効値でEU校正後→片振幅値表示に変更してください。
校正信号をスペクトル分析し、そのオーバーオールの値で「任意のサーチポイント値を任意のEU値にする」という校正操作をすると便利です。

4.3.1.(1)・Y軸単位の組み合わせ

5.3.2任意の電圧を1EUとする

5.3.3任意のサーチポイント値を任意のEU値にする

5

振動とCAL信号(80Hz 1V)をレコーダに記録している。

リアルタイム1/1 OCT分析したいが 

1)校正方法。

2)時定数の選定基準は

(1)校正機能を使う。

Y軸LINとし、CAL信号をスペクトル分析し,オーバーオールの値を何m/sかをキーインする。(任意のサーチポイント値を任意のEU値にする機能)

(2)max分析なら時定数=10ms にします。

振動レベル分析なら時定数=630ms+振動フィルターを選択します。

5.3.2任意の電圧を1EUとする

5.3.3任意のサーチポイント値を任意のEU値にする

5.8.4A特性補正

 

リアルタイム分析取説

1.測定条件の設定

6

加速度センサの校正と校正値を記憶しておく方法は

(1)電源0ff時の測定条件を記憶し、自動再生するオートリコール機能、

(2)パネルコンディションメモリー機能

を使用します。

11.1コンディションメモリー

7

振動分析はAC/DCカップリングのどちらで使用するのが良いか。

入力波形のそのままの波形を見る時はDCで、その中の交流成分を見る時はACを使います。

ACでは約0.5Hz以下の成分をカットするハイパスフィルターが入ります。

周波数分析したときDC成分は0Hz点に表示されます。

振動、騒音波形は交流成分(DC成分がない)なのでACカップリングを使います。

2.6.5AC/DC結合の設定

8

2Hzの振動波形の振幅が1~5段階に変化する。

振幅1と振幅5の状態を弁別した形で測定したい。

トリガ機能を使用します。

3.7トリガ機能

9

電荷型加速度センサを使うにはCF0107型変換コネクター必要か。

電荷型加速度センサーは

チャージアンプ(CH1100型)または
チャージコンバータ(CH6130/CH6140) + CF-0109変換アダプタ

が必要です。

10

NP550、NP3210の感度は。

 

一般的に1mV/m/s2(9.8mV/G)。

詳細は現品に添付の検査表に記載しています。

11

アンプ内蔵型加速度センサーと直接接続できるか。

NPー0107(またはNP-0108)変換コネクターを使えばアンプ(PS601型)無しで、接続可能です。

但し他社メーカのセンサは、センサ駆動電流が適合するか確認してください。

NP-0107: 2mA駆動、  NP-0108: 0.56mA駆動

12

アンプ内蔵型加速度センサを入力する時の変換コネクタの型式は。

振動センサの駆動電流が2mA用ならCF0107型、駆動電流が0.56mA用ならCF0108型変換コネクタを使用して接続できます。

変換コネクタはオプションです。

13

NP4110をダイレクトに接続可能か

センサ用コネクタに直接接続可能です。

2.2パネルスイッチの説明

14

他社のアンプ内蔵型振動センサを入力する場合はどの様にすれば良いか。

プリアンプ内蔵型では
振動センサの駆動電流が2mA用ならCF0107型(0.56mA用ならCF0108型)変換コネクタを使用して接続できます。

電荷型なら
チャージアンプ(CH1100型)または
チャージコンバータ(CH6130/CH6140) +  CF-0109変換アダプタ
が利用できます。

15

打撃試験でフィルターを掛けて,例えば500~1000Hzの周波数の力と加速度のデータが作れないか。

PS701フィルターユニット2台を組み合わせ、バンドパスフィルターとして使用する方法があります。

16

インバーターモータの電圧を1秒間だけかけた時に回転が最高何rpmまで上がったか測定したいが、方法は。

軸が出ていないので,振動センサの基本周期を測定し定常の回転見ている。

高速平均,ピークホールド,サーチエンハンス機能、(場合によりズーム機能)を使い、スペクトルの最高周波数を読取る方法が考えられます。

高速応答が要求されるので、高速FV変換器FV-1400の利用を検討ください。

5.1.5高速平均機能

5.1.3.(3)ピークホールド

58.1サーチエンハンス機能

5.2ズーム機能

 

戻る
お客様相談室 0120-38841  9:00-12:00 13:00-18:00 (土日、祝祭日除く) ご質問・お問い合わせ(フィードバックフォーム)