MENU

燃料計測装置 コモンレール試験装置

- 高精度噴射量・噴射率計測ー

概要

ディーゼルエンジン におけるコモンレール噴射システムは、燃料を高圧で燃えやすい霧状に噴射して完全燃焼させ、更に電子制御で燃焼のタイミングを最適化して、排出ガスの浄化(スス、NOx低減)と騒音・振動を低減しながら、燃費や出力の向上を図るものです。
このコモンレール噴射システムでは電子制御による噴射タイミングがエンジンの性能に大きな影響を与えるため、噴射量、噴射率、噴射タイミングの計測が必須となります。
FJ-8000 多段噴射量計測システムはインジェクタの 噴射量、噴射率、噴射タイミング を実車環境に近い噴射環境にて計測できるシステムです。

 

 

FJ-8000噴射計測システム


計測・制御盤

FJ-8000 多段噴射量計測システム

・高精度な多段噴射量測定(読取値の ±0.25 %) *高精度版使用時
 
・噴射量・噴射率の同時計測を最大15段まで計測  

・ディジタルフィルタによる歪のない噴射率波形出力
(FJ-0600 使用時)

・検出原理の異なる FJ-030/0600 の同時使用が可能  

・広い測定範囲(0 ~ 400 mm3/str)

・噴射毎の連続測定 (1~50 Hz (60~3000r/min))

・最大 8 台の検出器を接続可能
 
・連続 50,000サイクル分のデータメモリ

 


FAMS-R5 自動計測制御システム

製品紹介ページ

FAMS-R5 Flexible Automatic Measuring System-Release5

FAMS-8000で蓄積されたシミュレーション技術・計測技術・制御技術とノウハウを結集し、新たに EV/HEV試験など高度で複雑な試験に、柔軟に対応できる試験システムを提供いたします。

・EV/HEVの各種試験に対応した新しいFAMSシリーズ 
・必要な制御・計測ユニットを分散して配置可能
・計測ユニットに変換機なしで直接センサを取り込み可能
・モデル演算ユニットの内製化で、高メンテナンスと発展性を実現

-FAMS High-Speed Link-
各ユニット間を2.5 Gbpsで接続、共有メモリによりユニット間の共有およびユニット間同期を実現。

-FAMS MCU (Model-based Control Unit)-
MATLAB®/Simulink® による制御モデルをリアルタイムに実行。機能を分散処理することで高速化を実現


製品紹介ページ

FAMS-R5 連携アプリケーション

ベンチ試験サポートアプリケーション
FAMS-R5カタログ 内に記載↑)

ExFlower は、複雑化する試験を効率よく行なうためのサポートソフトウェアです。 ExFlower はフローチャート方式で運転を記述するため、試験のカスタマイズが容易に行なえます。

また、運転パターンだけではなく、外部周辺機器の制御も組み込むことができるため、より高度な自動運転を可能にするオープン性の高い製品となっています。



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針