MENU

回転加振ベンチ

概要

・歯車の振動試験、エンジン補機耐久試験などに適した回転加振運転を実現
・エンジン加振相当の回転加振運転が可能

1 回転速度変動、トルク変動を再現   
2 エンジンの爆発変動を再現
3 エンジンの始動波形の再現

・エンジンベンチと比較して環境性の向上

1 燃料系の設備不要
2 排ガス処理不要   
3 防火対策不要

・DSPを使用したシミュレーション機能の追加で更なる制御向上が可能 (MATLAB® / Simulink® を使用)



周辺装置

トルク検出器

高剛性トルク検出器 TQ-1000/2000シリーズ

製品紹介ページ カタログ

エンジンや駆動系の変動トルクを測定するために開発された、高剛性・高速応答トルク検出器です。検出器ねじれ部の剛性が高く、弊社の従来検出器よりも速い変動トルクを、より正確に測定することが可能です。 軸受のない薄型フランジタイプですので、回転軸に直接取り付けることができ省スペースです。

 
・従来製品の約20倍の高剛性(当社比)で、応答性が向上  
・±0.05 % /フルスケールの高精度  
・回転部からの信号伝達が非接触のため、設置
・メンテナンスが容易  
・高速回転 15,000 r/min まで使用可能(50~200 N・m)  
・薄型
・省スペース  
・弊社国内拠点による、迅速なメンテナンス対応



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針