歯車試験システム
デフアッシィテスタ



製品写真(歯車試験システム)

キャリヤの組み付け誤差、支持剛性の影響を含んだ『ユニット伝達誤差』を測定する事ができます。 計測された伝達誤差はトルク、回転数に対する変化を噛合い次数比分析により測定します。 また、振動計測、騒音計測、トルク変動計測等の計測のご要求にも対応可能です。

特長

各種計測(振動、騒音、トルク変動、バックラッシ計測等)にも対応可能
ワークに対しての自動給油システムにも対応可能
ライン検査用には、多様なワーク形状に合わせた自動着脱システムを実現

構成

試験装置本体
モータ制御盤
油圧ユニット
歯車潤滑ユニット
伝達誤差計測システム

データ

概略仕様

タイプ Aタイプ (2軸) Bタイプ (2軸) Cタイプ (2軸) Dタイプ (3軸)
目的 研究用 ライン検査用 大量検査用 研究用
操作方式 手動 自動 自動
(ターンテーブル付)
自動
駆動軸回転速度
r/min
低速(伝達誤差用) 500 500 500 500
高速(振動用)※ 3000 - - -
負荷軸トルク
Nm
低速 (伝達誤差用) 600 600 600 1800
高速(振動用)※ 260 - - -
駆動軸上下オフセット量 (手動)mm ±50 ±50 ±50 ±50
駆動軸ストローク mm 200 200 200 200
負荷軸ストローク mm 300 300 300 600
(左 300+右 300)
ワークの固定 手締め 油圧シリンダ 油圧シリンダ 油圧シリンダ
移動方式 駆動軸・負荷軸 手動送り
デフロック方式 手締め -
取付面板の反転とロック 手動 油圧シリンダ

注) ※印はオプションです

最終更新日:2011/08/05



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針