時間軸前処理

AD変換後の時間波形にフィルタ等の演算処理を行う機能です。センサ信号とFFTアナライザ間に別途フィルタアンプを用意する必要がありません。

ディジタルフィルタ LPF、HPF、BPF
絶対値
時間軸微積分 1階微分、2階微分
1重積分、2重積分
積分前DC除去機能

データ設定(解析モードのみ)

時系列データに対して補正、切り出し、位置調整など多彩な編集機能を取り揃えています。

信号補正 基準信号に対する校正
レベル調整 信号を任意レベルに調整
時系列位置合わせ 基準信号を利用したデータ位置調整




トリガ機能

トリガ信号を利用して収録や計測のスタート、ストップをする際に便利な機能を取り揃えています。設定画面はタイムモニターとFFT解析1ショット分の時間波形が表示され、簡易にトリガ設定が可能になります。





ソース (計測)計測CH もしくは外部入力CH
(解析)収録した時系列データ
モード Repeat、OneShot
動作 スタート、ストップ
スタート&ストップ
その他 ダブルハンマーキャンセル機能
平均Undo
プレレコーディング
収録中のトリガ機能活用

時系列演算(解析モードのみ)

時系列データに対して演算を行う際に使用する機能です。



リサンプリング 時系列データを任意のサンプリング周波数に変更
パルスコンバーター 回転パルス信号を回転速度へ変換
イベントカウンタ― 検索条件に応じて時系列データの変化を
カウントデータとして出力
移動平均 任意平均回数で移動平均処理を実施
時間軸微積分 1階微分、2階微分
1重積分、2重積分
積分前DC成分除去
単位変換
実効値演算 時系列データの実効値出力
周波数重み付け補正
時定数の設定
出力時間間隔の設定
ヒルベルト変換 瞬時振幅、瞬時位相、瞬時周波数
周波数重み付け補正 騒音計 A特性、C特性
超低周波音 G特性
振動レベル計水平特性 Vh
振動レベル計垂直特性 Vv
時系列Item間演算 各Item同士で演算